【クアラルンプール】バトゥ洞窟に鉄道を使って格安に行く方法

バトゥ洞窟

バトゥ洞窟(ケイブ)とはクアラルンプール中心街から北に位置し、少し遠いが行って損はない観光地です。

クアラルンプールに観光に来たら、ほとんどの人が訪れるという有名な観光地です。

 

このような写真は見たことがないでしょうか?ガイドブックにも載っています。

 

スポンサーリンク

バトゥ洞窟の行き方

バトゥ洞窟(ケイブ)は中心街から10キロ以上離れていますが、電車で行くことができるのでアクセスはしやすいです。

グーグルマップで調べてみればわかると思いますが、KLセントラル駅やクアラルンプール駅を通るKMUTERという電車に乗れば、約30分で【Batu Caves】という駅に着きます。

 

Batu Cavesが終点の駅だったので、みんなが降りる駅で降りればいいので行き方的にはかなり楽です。

また、クアラルンプールはメトロなども発達しており、比較的簡単にKLセントラル駅やクアラルンプール駅まで行けます。

 

値段もかなり安く、クアラルンプール駅から片道2.5リンギット(約70円)で行けます。

そして、何より年中無休が嬉しいです。

 

クアラルンプールに来たら、ピンクモスクやブルーモスクも行きたいですが、金曜日はお祈りのため見学不可だったり、見学時間が限られたりしますが、バトゥ洞窟はそんなことありません。

 

バトゥケイブ(洞窟)までの道のり

僕らはチャイナタウンに泊まっていましたが、チャイナタウンからバトゥ洞窟まで1時間もかかりません。

クアラルンプール駅に着いたらトークンというものを購入する。

値段はわからないと思うが、カウンターにいる人に【バトゥケイブ】と言えば、いくらか教えてくれる。

 

バトゥ洞窟は有名なので、すぐにわかる。バトゥだけだと似ている駅があるので、しっかり【バトゥケイブ】と伝えよう。

 

この時に何番線に乗るかも聞いておこう!!

 

聞いたら、電車が来るまで待って、乗り込み終点まで行けば、すぐにバトゥ洞窟だ。

 

到着。

 

駅を降りたら

バトゥ洞窟の前にラマヤナケーブという洞窟があって、1人5リンギットで入れる。

あまりにショボいと入らなくていいかと思うが、5リンギット分の価値はある。

 

変な人形とかがあり、階段を登って上に行くこともできる。

 

そして、少し飽きたら、外に出てメインのバトゥ洞窟だ。

 

 

階段が長いのと暑さで汗をかきます。

 

眺めは最高!!

 

中の洞窟も見応え十分。

 

ところどころに猿がいます。

食べ物をとられないように注意しましょう。

 

バトゥ洞窟は無料です。

 

ダークケイブ

 

バトゥ洞窟から、下るときにダークケーブというところがありトリップアドバイザーでも高評価の場所がある。

ここは外から隔離された場所のため、中にいる生物の生態系が違う模様。

 

中に入ってみたかったが料金が35リンギットもかかる。

この洞窟の中は本当の真っ暗闇で、ヘルメットをかぶり、ガイドと一緒に中を探索できるツアーだ。

ここでは本当の暗闇を体験できるらしい。

 

この洞窟の中に入っていくツアーだ。中にいる生物は虫とか動物とかだから、あまり興味はなかった。

しかし、本当の暗闇と言うのも体験したかったりする。

 

次にクアラルンプールに来る予定があったら、行こうと思いました。

 

更にクアラルンプールにはこの他にも有名な観光地がある。特にお勧めしたいのはモスクだ。クアラルンプールにはブルーモスクピンクモスクが存在する。

個人的にはブルーモスクの方が行ってもらいたい。むしろクアラルンプールに来たら一番の観光地はブルーモスクだと言いたい。

中心街から少し離れているが、半日もあれば行って帰ってこれるので、是非観光ルートに入れてもらいたい。ブルーモスクピンクモスクについてはこちらで。

 

観光が終わり、日本へ戻るため、空港へ行く方法についても比較してみました。

 

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

05.マレーシア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました