【史上最悪!?】上海の浦東国際空港で気を付けるべきこと

上海にある浦東国際空港へ行ったことはありますか?

僕は世界一周した時に様々な空港を利用しましたが、使いやすさと言う点では最低ランクの空港だと思います。

もちろん空港自体は綺麗ですし、市内にも行きやすいのですが、トラブルが起きやすいという点で史上最悪かと思います。今回はトラブルに巻き込まれないため、浦東国際空港の注意点を書いてみようと思います。

 

上海の浦東国際空港について

先日、上海の浦東国際空港へ行ってきました。

本当に今まで利用した空港の中でこれほどまでに用心したほうがいいと思ったことはないので、同じ思いをしないように注意事項を教えます。

浦東国際空港は地下鉄が通っており、市内にもわずか数百円で行けるのでアクセス自体はかなり良い。

何よりリニアが通っており、これを使えば市内にも更に早く行けます。

【リニア】上海の浦東国際空港から8分間の300キロの世界
リニアで300キロの世界を体感してみたい 浦東国際空港からリニアがあることは知っていました。 .....

結局地下鉄に乗り換えるので、最初から地下鉄を使うのが良いと気づくが一回リニアに乗りたい!!と思うなら良いと思います。

ここまでなら優秀な空港であるが、これから説明することがあるので、トラブルになりやすい史上最悪の空港かと思いました。

 

スポンサーリンク

理由その1:空港スタッフに気をつけろ!!

もちろん全員が酷いという事は無いと思いますが、空港スタッフには気を付けてください。まず、英語が聞き取りにくいです。これは人によると思いますが、僕が質問した3人についてはほぼ何を言っているかわかりませんでした。

これでも世界75ヵ国を旅しているので、少しばかり英語は聞き取れるほうかと思っていましたが、訛りが酷くてほぼわかりませんでした。

日本人の英語の発音と中国人の発音の違いだと思いますが、それにしてもほぼわからなかったです。そして何より酷いのが、こちらが英語で話しかけても中国語で返してきます

ちなみにインフォメーションセンターは人がいなくなります。夜22時以降は誰一人いませんでした。これはちょっと困惑しましたね。

ここらへんは改善されることを願います。

 

スポンサーリンク

理由その2:空港の設備について

空港設備も整っているんだか、壊れまくっているんだかよくわかりませんが、細心の注意が必要です。機材自体は新しいので、使えるのであれば全く問題ありません。

ただ、壊れたら壊れっぱなしなので、壊れた機材に当たらないことを願うばかりです。

 

荷物の重量チェックの機械はない

荷物の重量を測る機械がありません。複数人に確認しましたが、どこにもないと行っていました。

このため、チェックインカウンターでは荷物が制限オーバーになったら、みんなその場でスーツケースなどの荷物を開けて荷物整理するものですから、チェックインカウンターが激混みです。

 

AirAsiaのウェブチェックインの機械も壊れている

AirAsiaのウェブチェックインする人は更に注意した方がいいです。今は直っていると思いますが。

通常だと、ウェブチェックインした場合は紙をプリントアウトしますが、日本や他の空港だと専用の機械があり、そこでチケットをプリントアウトできます。

浦東国際空港にもありましたが、全て壊れていました。しかも上の写真のように4台とも壊れています。複数ある端末のうち1つくらいが壊れているのなら、まだわかりますが全部が壊れているということが信じられなかったです。

僕の時だけかもしれませんが、もしウェブチェックインをしてプリントアウトしなかったら、再チェックインをしなくてはならず、手数料がかかるところでした。

 

スポンサーリンク

理由その3:フリーWi-Fiが遅すぎる

インターネットが遅すぎます。通常だと、見れるようなサイトも動きが遅くみれませんでした。ちなみにGoogleでの検索はできません。Gメールも使えません。

※Google以外にもFacebook、Twitter、LINEなども全く使えません。GoogleにはYoutubeやGmailなどのサービスも含まれています。

中国の規制をVPNで回避するような事もしている人もいるかと思いますが、空港のWi-FiはVPNでの回避も使えないようにしているとの情報がありました。

 

E-チケットをメール管理している人は要注意

ここで困ったのが、EチケットをGメールで管理している人です。Eチケットをメールで見せようとしたら、メールが開けないなんてこともあります。

僕は中国からフィリピンへ行こうとしていたのですが、フィリピンの出国時のフライト情報がないと入国できないと言われ、Eチケットを見せようとしたらGメールが開けずにEチケットを見せることができませんでした。

幸いにも、スマホを2台持っており古いスマホにスクリーンショットの情報があったので、なんとか出国できましたが、対応した空港スタッフは知らん顔でした。

 

スポンサーリンク

理由その4:ラウンジも営業時間内に閉まってしまう

ラウンジもひどかった。

プライオリティパスのHPによると69番ゲート近くのプレミアムラウンジは最後のフライトまでやっているとありましたが、普通に閉まっていました。

明かりはついているが、ドアは閉まっています。ラウンジでゆっくりしようと早く来たのに閉まっているとは。。。という、中々ハイレベルな空港です。

問題なければいいですが、僕はトラブルが多かったので記録しておきます。

 

スポンサーリンク

理由その5:チェックインカウンターはめちゃくちゃ並ぶ

チェックインは人を捌くのが遅いので、早めのチェックインすることをお勧めします。

遅れてもいない、何でもないフライトでこんな長蛇の列はみたことがない。というかこのような長蛇の列が何個もあるのは逆に壮観でした。

 

スポンサーリンク

理由その6:両替は高い初期手数料がある

両替なのですが、普通は1万円両替したら1万円を両替してくれます。

浦東国際空港で両替すると手数料が50元(約800円)かかるので、仮に1万円を両替すると9,200円分のみ両替されます。

2,000円両替しようとすると1,200円分しかしてくれません。これは要注意です。

 

スポンサーリンク

その他にも注意することはたくさんある

空港のATMも使えない箇所がありましたが、他にもATMがあり、そこは使えたので、今回の理由にはいれませんでした。

以上が浦東国際空港の注意事項です。僕が浦東国際空港を利用した時から改善されていれば良いのですが、改善されていない可能性の方が高いので、これから行く方は注意してください。

空港の見取り図やブースの情報を載せておきます。

浦東国際空港は航空会社によって、ブースが細かく分かれている。

 

入国時の方はまだ敷居が低いです。また、空港内でSIMカードを買うのはやめておきましょう。理由はこちらです。

【買わないで!】上海の浦東国際空港で現地SIMカードを買わないほうが良い理由
上海の浦東国際空港にはSIMカードが売っているが、購入するのはちょっと待った!! 2017年に.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

12.中国
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

  1. 流石中国の空港。我々日本人の感覚では理解を超えることが多々ありますね。 旅行乙でした。

タイトルとURLをコピーしました