パムッカレとヒエラポリスの観光のポイント

パムッカレの観光

パムッカレは街中から徒歩であの白い石灰岩のところやヒエラポリスまで行くことができます。

パムッカレは皆さんが想像している白いところです。そしてヒエラポリスとはその近くにある遺跡のことです。

 

スポンサーリンク

入場料

入場料はパムッカレ&ヒエラポリスの共通で、2017年時点では1人35リラでした。

これは入場時に支払います。入り口は南口と北口があり、街中から歩けるのは南口です。南口の入り口近くにナショナルパークがあり、ここは無料で入ることができます。

 

オススメの時間帯

オススメの時間は朝一に入場するか夕方から夕日を見に行くのがいいと思います。昼間もいいですが、観光バスや現地の小学生などが大量に来ますので、人が少ない時間帯に行ったほうが写真も撮りやすいです。

 

持って行くもの

途中の石灰岩の所では裸足になる必要があるので、靴を入れるビニール袋はあったほうがいいです。また晴れていたらサングラスもあったほうがいいです。

その他には水着を着ていたほうがいいです。みんな泥パックなどをしたり、水に入ったりして楽しんでいます。水は冷たいところと温水のところがあり、温水の所は快適です。

 

水路で入浴してるひともいました。もちろん膝まで入るだけでもいいですが、せっかくなら入って行くのもありです。無料で入れるところは脱衣所はありませんので、ホテルから水着を着て行くほうがいいです。

 

有料で入れるところもある

石灰岩を登って行くとヒエラポリスがありますが、石灰岩とヒエラポリスの間に温水プールがあります。入場自体は無料ですが、プールに入る時にお金がかかります。

32リラでした。お金と時間に余裕があれば是非入ってみてください。水は透き通っていて、足がつかないところもあり、ロープを持って移動したりと楽しいです。

もちろん足のつくところもありますので、深いところに行かなければ子供でも楽しめます。

石灰岩のところには人がいますが、ヒエラポリスはほとんど人がいません。先に石灰岩のところで遊んでからプールに入ったりして、最後にヒエラポリスを見ましょう。かなりオススメのところです。

 

パムッカレまでの移動方法はこちらです。僕はエフェス遺跡からデニズリ経由の電車で来ました。所要時間は約4時間です。その時の記事はこちら

費用は20リラでした。バスで来る方法もありますが、電車のほうが安いです。時間はバスの方が早いらしいです。と言っても30分もかわらないと思います。

僕はパムッカレを観光した後はリゾート地で有名なフェティエに行きました。フェティエの行き方はこちらです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

16.トルコ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました