エフェス(セルチュク)からパムッカレ(デニズリ)までの行き方

エフェス(セルチュク)からパムッカレ(デニズリ)までの行き方

行き方としては2つの方法があります。それはバスと電車です。どちらの方法を選ぶかはその時の状況で変わると思います。

エフェス遺跡があるのはセルチュクという街から3キロ程離れています。また、パムッカレはデニズリという街から10キロくらい離れたところにあるので、基本的にはデニズリという街から乗り合いバスで移動することになります。

スポンサーリンク

バス

値段はイスタンブールの旅行代理店で聞いてみたところ、セルチュクからパムッカレ(デニズリ)までは25リラでした。セルチュクの宿で頼むと35リラと言っていましたので、手数料をとっていたのだと思います。

セルチュクのオトガル(バスターミナル)で頼むと更に安いと思います。たぶん25リラ前後だと思います。

所要時間は約3時間半です。バスの出発場所はセルチュクの街中にあるバスターミナル(オトガル)です。街の真ん中にあるので、電車よりもアクセスしやすい。バスは電車より高いですが、お水などのサービスがあるのと本数が多いとのことです。

電車

電車はセルチュクのオトガルから約10分徒歩で行ったところにあります。

1日の本数は8本くらいです。値段は16.5リラです。所要時間はデニズリまで3時間半です。そこから乗り換えてパムッカレまで乗合バスなので約4時間かかります。

個人的には安い電車がオススメです。デニズリ駅でバスに乗り換えは駅の近くにバスターミナル(オトガル)があるので、簡単です。バスのほうが敷居は低いと思います。

エフェスからパムッカレへ行く時は是非参考にしてみてください。

僕は電車を使ってパムッカレのあるデニズリまで行きました

ちなみに僕は電車で行きました。宿で聞いたらバスの出発は17時で4時間かかると21時にパムッカレ到着なので、さすがに遅い時間は嫌だと思いました。オトガルでしっかり時間を聞けばよかったです。たぶんバスの本数はもっとあるような気がします。

デニズリからイズミルまでは30分に一本の間隔でバスがあると言っていました。

電車では電車が出発する10分前に駅に到着しました。駅が混んでいるかと思いましたが、全然混んでいなかったです。

チケットは現金でもカードでも購入可能でした。僕が乗った電車は12:47分発の電車でしたが、5分程遅れてやって来ました。チケットには列車番号とシートナンバーらしきものがありましたが、みんな気にしてないようです。

僕は車両番号はしっかりと書いてあるのに乗りましたが、シートはすでに座られていて、関係ないと言っていました。本当かどうかわかりませんが。。。

そして、チケットにはその他にQRコードがあり、途中で係員にスキャンされました。電車内ではチャイやパンの販売もあり、クーラーもしっかり聞いています。電源も完備されていたので、かなり良いです。

シートも新幹線とはいきませんが、かなりいい感じです。電車はかなりおすすめです。なぜなら、バスほど揺れないので、しっかり寝れます。電車は16:05にデニズリに到着しました。

電車の時刻表

  • 9:07
  • 10:21
  • 12:47
  • 15:01
  • 16:56
  • 18:07
  • 19:47
  • 20:49

15:01発と20:49発以外はデニズリが終点の模様です。

デニズリに到着


デニズリからパムッカレはデニズリ駅の近くにバスターミナル(オトガル)があり、そこからバスが出ています。

バス料金は1人3.5リラです。バスの頻度はどのくらいかわかりませんが、電車が到着してすぐにオトガルに行くとすでに人が集まっていたので、すぐに出発しました。

16:20にオトガルを出発。バスの出発場所はオトガルの地下の76番のところが乗り場でした。バスは出発したら30分もしないうちにパムッカレに到着しました。約4時間でパムッカレに到着しました。

パムッカレの街

パムッカレのある街にはオトガルというものがないですが、一応この店の前がバス停になっている模様です。

Asian Kitchen & Coffee

バスはルート上であれば、降りたいところで降ろしてくれます。また、デニズリへ戻る時もルート上であれば、乗せてくれます。

パムッカレは観光の街なので若干ご飯が高いです。

安いレストランで15リラ(約450円)とかでした。ホテルも安いところのドミトリーで1300円くらい。

個室だと2000円くらいからあります。僕はアゴダで見つけた所に泊まったのですが、偶然にもオーナーの奥さんが日本人のところで日本語で対応してくれました。

Sunrise Aya Hotel

朝食もついていて、Wi-Fiやエアコン、プール、ウェルカムドリンクもついていて2000円だったので、最高の滞在でした。

しかもバス停から近いし、パムッカレの南出入口からも近い。パムッカレの事やバスの移動のこと。オススメの場所を教えてもらえたので大変助かりました。

僕はパムッカレを観光した後はリゾート地で有名なフェティエというところへ向かいました。このサンライズアヤホテルのオーナー(トルコ人:日本語をしゃべれる)の人にトルコに来たらフェティエに行くべきと言われて行ったのですが、本当に行って良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存