【料金・時刻表】アルメニアのエレバンからジョージアのトビリシまでバス移動

エレバンからトビリシへ

ジョージアからアルメニアまでバスで来ました。フライトがあるので、ジョージアまで戻ります。1度通っているルートなので、わかりやすかったです。

 

スポンサーリンク

エレバンのバスターミナル

エレバンのバスターミナルはキリキヤバスターミナルと言います。中心地から約2キロです。

グーグルマップではセントラルバスステーションとなっています。

中心街から歩いてもいけますが、バスかマルシュだと100ドラム(約25円)なので、バスで行きました。このバスターミナルからいきます。

エチミアジンという世界遺産までのバスもこのバスターミナルから出ていました。

 

バスの料金

バスは乗合バスで片道1人7000ドラム(約1600円)でした。バスはこのような乗り合いバスです。

 

スケジュール(時刻表)

僕が使った会社のYerevan(エレバン)発スケジュール

  • 8:30
  • 10:30
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:00

この5本/日になります。

僕は8:30のに乗りました。11:50国境到着。

あっさりと出国審査は終わる。

パスポートだけ持って、他の荷物は車に入れたままパスポートコントロールへ。

それから車に乗り込みジョージアの入国審査へ。国境越えるのは早く終わって、12時には国境を出発。

13時ちょっとすぎにトビリシに到着した。

 

スポンサーリンク

トビリシの到着場所

トビリシのバスターミナルに到着するかと思ったが、到着したのはアブラバリ(Avlabari)というメトロの駅だった。

 

更にクタイシへの移動

ここでクタイシ行きを探したが、20ラリでありました。しかし、マルシュとかではなく、普通の乗用車だった。

ちなみに正規料金は10ラリです。

 

トビリシのバスターミナルは少しメトロ駅から離れているので、メトロの駅に到着したのは嬉しかった。これからトビリシからクタイシに移動するので、Didubeというところに移動する。

ここは前回にカズベキに移動したところなので、1度行っているのでわかりやすい。

【最安値】ジョージアのトビリシからカズベギ山への移動方法
カズベキ山とはトビリシから軍用道路を通って北へ約150キロ移動しなければなりません。移動方法.....

 

クタイシ行きのバス乗り場はメトロの駅のDidube駅のすぐ近くなので、移動も楽々だ。

 

スポンサーリンク

まとめ

アルメニアのエレバンからジョージアのトビリシの所要時間は4時間半。

金額は7000ドラム。

 

かなり快適に早く到着することができた。

【メトロ・バス・Wi-Fi】ジョージアのトビリシの交通情報
トビリシの交通情報 トビリシはメトロとバスがかなり発達しています。日本のようにICカードで乗車.....

 

クタイシへ行くのなら、こちらの移動方法がお勧めです。

【最安値】トビリシからクタイシまでマルシュでの移動方法
トビリシからクタイシへの行き方 クタイシへはdidube 駅にあるマルシュ乗り場からいけます。.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

17.ジョージア18.アルメニア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました