ウィーンからブラチスラバまでのバスの料金とチケットの予約

オーストラリアのウィーンからスロバキアのブラチスラバまでのバス

ウィーンからブラチスラバまでは約100キロ程しか離れていません。

100キロなら静岡県の端から端までよりも断然近いです。

 

人の行き来は頻繁にあり、バスの本数も頻繁にあります。

列車だと1人10ユーロほどで行けます。

 

僕は今回はバスで移動しました。

なぜなら、バスだともっと安く行く事ができるからです。

 

スポンサーリンク

バスの値段

バスはGoEuroという比較サイトで見てみると時間と値段を表示してくれます。

今回調べてみると、ウィーン(Vienna)からブラチスラバ(Bratislava)まで運行しているバス会社は4社ありました。

  • Flixbus
  • Eurolines
  • Polskibus
  • slovaklines

5ユーロからチケットはありました。

 

チケットの買い方

GoEuroは比較サイトなので、値段と時間が決まったら、そこのリンク先へ行きます。

そこで決済をします。クレジットカードが必要になります。

 

バス乗車時間

運行会社によりますが、1時間から1時間半です。

 

バスの乗車場所

GoEuroで調べるとバス会社が何社か出ますが、会社によって出発地や到着地が異なるので、注意してください。

 

スポンサーリンク

おすすめのバス会社

お勧めはフリックスバス(Flixbus)です。

フリックスバスには電源やWi-Fiもついていますので、バスの暇な時間を使ってスマホの充電やネットができます。

ただフリックスバスは日中の時間になると7.5ユーロに値上がりする便もあるので、最安値ではなくなります。

 

安いバスを探しているなら

このslovaklinesというバス会社が一番安いです。

プロモーションセールがあれば、1€で乗れます。

 

最高でも5ユーロです。

検索はこのように入力してください。

 

こちらのウェブサイトから検索してみてください。

 

From Wien

To Bratislava

 

これで検索してみるとこのような結果になります。

1時間に一本はバスがありますし、値段も5ユーロからです。

僕はネットで予約しましたが、ネット予約なしでも5ユーロで乗れている人がいました。

 

 

今回はのブラチスラバ観光はかなりハードでした。

それもブダペストから日帰りで、ウィーン&ブラチスラバを観光する気だったので。。。

 

1日でウィーンとブラチスラバを回る強硬スケジュールについてはこちらで詳しく説明します。

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

36.オーストリア37.スロバキア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました