【直行便!?】ポルトガルからモロッコへ!リスボンからアルヘシラス(スペイン)へバス移動

モロッコへ行くのは大砂丘:メルズーガの砂漠を見るために行きました。エジプトの砂漠やナミビアの砂漠にも行きましたが、モロッコにあるメルズーガがNo.1です。

メルズーガでのラクダに乗って、キャンプ地へ行き砂漠のど真ん中で過ごし、見える満点の星空は見事です!!その砂漠へ行くためにポルトガルからモロッコへ移動しました。

メルズーガ砂漠についてもっと知りたい人はこちらです。

【360°が大砂丘】メルズーガのお勧めの砂漠ツアーの予約はリヤドマムーシュにて
メルズーガの砂漠ツアー メルズーガに来たのは砂漠ツアーに参加するためです。ここの大砂丘に来たくてわざわざモロッコの

 

ポルトガルからモロッコへの移動方法

ポルトガルのリスボンからモロッコのメルズーガの砂漠へ行くまでの移動記録です。

そのうちのポルトガルのリスボンからスペインのアルヘシラスまでの移動記録になります。

 

全行程は下記になります。

リスボン→(バス)→アルヘシラス→(フェリー)→タンジェ→(バス)→フェズ→(バス)→メルズーガ

 

スポンサーリンク

リスボンからアルヘシラスまではバスで移動

ポルトガルのリスボンからアルヘシラスまではバスで移動です。

ネットでブログを見てみるとどのルートもスペインのセビーリャまでバスで行って、乗り換えてアルヘシラスへ行くというルートしかありませんでした。

 

直行便がないか調べてみた

出来れば直行便で行きたいと思い調べたところ、直行便ありました。

リスボンからアルヘシラスまで。調べるのはGoEuroというサイトを使いました。(GoEuroは今はOmioというサイトに生まれ変わりました。)

 

調べてみると運行会社はALSAとEUROLINESがありましたが、実際は共同運行便でした。確かに調べてみても出発時間も出発場所も全く一緒でした。朝便と夜便がありました。僕は宿泊料金を浮かすために夜行バスを選択。

→ネットやホームページにはダイレクトと書かれていましたが、実際は乗換が必要でした。グーグルマップで調べると所要時間は6時間前後なのにバスでの時間は11時間かかると書いてあるので、明らかにどこかで待つと思います。それが乗り換えでした。

 

バスの料金

僕が調べた時は値段は78€でした。値段は予約時期にもよりけりなので、チェックしてみましょう。

別々に買ったりしたら安くなる可能性もありますが、直行便の方が楽だと思い購入しました。(実際は直行便ではありませんでした。)ちなみに僕が調べた時は別々に購入したほうが2€高かったです。

 

チケットの購入

チケットはネットで購入しました。僕はALSAで購入しましたが、EUROLINESで買ったほうがいいと思います。

ALSAではスペイン語で確定のメールがきたので翻訳するのがめんどくさかったです。どちらも値段は同じでした。そしてALSA はチケットの印刷がいらないと思ってましたが、国内線は印刷はいらないけど、国際線は印刷が必須です。

スペイン語で書いてありました。そのため購入後はどこかで印刷をしないと駄目です。

直前購入でもいいですが、印刷が必要なので印刷するところを見つけてから予約したほうがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

バスの出発場所

リスボンでは2つのバスターミナルからセビーリャ経由でアルヘシラスへ行きます。一つ目は街中にほど近いメトロ駅近くのバスターミナル。


二つ目はメトロ駅も鉄道駅もあるバスターミナルです。


ユーロラインズはバスの席が決まってないため早いもの勝ちです。バスターミナルに着いたらチェックインをする。チケットにはゲートは30分前に閉まると書いてありました。

何の事?と思ってましたが、バスターミナルに着いたら、バスターミナルのチケットカウンターに行きます。そして、チェックイン手続きをします。

そんなことどこにも書いてありません。スペイン語かポルトガル語かわからないメールに書いてあったのかもしれません。ですが、とりあえずチケットはこれで良いのかと聞きに窓口まで行ったらチェックインは隣の窓口と言われて知りました。

チェックインは印刷した紙を渡すだけでした。印刷はPDF全てをしておきます。(一人につき2枚)1枚はバスターミナルで回収されました。

もう一枚に発着ゲートとバスのルート番号がかかれました。

 

バスは30分前に到着

21:30発でしたが、21:00にはバスは到着してました。バスに乗れたのは21:20でしたが、荷物の積み込みだったりで、時間がかかっていました。

バスにはしっかりALSAとEUROLINESとの文字がありました。

 

バスのクオリティ

バスにはWi-Fiはありませんでした。電源は付いている席とついていない席がありました。

トイレは付いています。

 

やっぱり乗換が必要だった

朝5:10に起こされました。ちなみにポルトガルとスペインでは一時間の時差があります。

もう着いたのかと思えば、セビーリャのPrado San Sebastianというところで乗換とのこと。


しかも時間は7:15発。こんなとこで2時間もかと思いました。トイレはバスターミナルにありましたが、Wi-Fiはありませんでした。

本当に来るか心配でしたが、電光掲示板はあったので、間違いないです。

 

アルヘシラス行きが出発

乗換のバスターミナルで2時間待ちました。バスは7:00到着、出発は7:15でした。

乗るにはチケット(印刷した紙)をバスターミナルでカウンターにみせ、またチェックインをしました。今度はチケットとレシートの交換でした。

ちなみに運行会社はALSAでとユーロラインズでもなく、AUTOCARES VALENZUELAというところです。値段は19.38€と書いてありました。

 

アルヘシラスに到着

10時少し前にアルヘシラスに到着しました。

アルヘシラスに到着したのはフェリー乗場のすぐ前に到着しました。

次回は到着場所からタンジェまでの移動記録です。

スペインからモロッコへ入国!アルヘシラスからタンジェまでフェリー移動
モロッコへ行くのは大砂丘:メルズーガの砂漠を見るために行きました。エジプトの砂漠やナミビアの砂漠にも行きましたが

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

50.スペイン 51.ポルトガル 52.モロッコ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました