スペインからモロッコへ入国!アルヘシラスからタンジェまでフェリー移動

モロッコへ行くのは大砂丘:メルズーガの砂漠を見るために行きました。エジプトの砂漠やナミビアの砂漠にも行きましたが、モロッコにあるメルズーガがNo.1です。

メルズーガでのラクダに乗って、キャンプ地へ行き砂漠のど真ん中で過ごし、見える満点の星空は見事です!!その砂漠へ行くためにポルトガルからモロッコへ移動しました。

メルズーガ砂漠についてもっと知りたい人はこちらです。

【360°が大砂丘】メルズーガのお勧めの砂漠ツアーの予約はリヤドマムーシュにて
メルズーガの砂漠ツアー メルズーガに来たのは砂漠ツアーに参加するためです。ここの大砂丘に来たく.....

 

スペインからモロッコへの移動方法

ポルトガルのリスボンからモロッコのメルズーガの砂漠へ行くまでの移動記録です。そのうちのスペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェまでの移動記録になります。

 

全行程は下記になります。

リスボン→(バス)→アルヘシラス→(フェリー)→タンジェ→(バス)→フェズ→(バス)→メルズーガ

リスボンからアルヘシラスまでの移動については前回の記事を参考にしてください。

【直行便!?】ポルトガルからモロッコへ!リスボンからアルヘシラス(スペイン)へバス移動
モロッコへ行くのは大砂丘:メルズーガの砂漠を見るために行きました。エジプトの砂漠やナミビアの.....

 

スポンサーリンク

スペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェまでフェリーで移動

アルヘシラスに到着したのはフェリー乗場のすぐ前に到着しました。アルヘシラスまではバスで移動。

ここからタンジェに行くには4つルートがあります。

 

4つのルート

  1. アフリカ大陸にあるスペインの飛び地であるセウタへのルート。値段片道36€。
  2. モロッコのタンジェMEDという郊外の港。32€。(往復50€)
  3. モロッコのタンジェの旧港(市内から近い)。確か32€。しかし本数がかなり少ない。見たのは12時のみの1本。
  4. アルヘシラスからバスでスペインのタリファまで行き、そこからタンジェの旧港までフェリー。片道37€。

値段は全てネットの情報です。差異があるかもしれません。

タリファからタンジェまでが安いという情報もありましたが、調べてみると片道37€するので、タンジェからのが安いようです。また往復割引もあります。

アルヘシラスからセウタはどこかの会社が30分か1時間に1本の割合で運行しています。アルヘシラスからタンジェは30分に1本でした。

僕はアフリカンモロッコラインという会社で往復チケットを50€で買いました。数年前までは往復37€とかだったらしいですが、年々料金は上がっていますね。

 

時間が惜しいなら飛行機もあり!!

ここで思ったのが、リスボンからアルヘシラスまで78€、船でアルヘシラスからタンジェまで32€(片道)、合計110€なら飛行機使っても良かったんじゃないかと思いました。

直前だと飛行機も高いですが、事前にルートと日程だけ合わせていればもっと安く、しかも早くモロッコに来ることができたのかと思いました。

再度スペインに戻ってくるなら往復チケットの割引がある会社のチケットを買いましょう。

モロッコから飛行機やスペインに戻るわけではないなら、そこまで差があるわけでもないので、あっても数ユーロの差なので、どのルートでもいいと思います。

 

スポンサーリンク

フェリー乗り場でチケットを購入する

これがフェリーの建物です。

中は結構綺麗で、電光掲示版もありました。

運行会社は何個もあり、好きな会社を選びましょう。

※Tanger Villeというのがタンジェの街近くの港です。Tanger MEDというのがとても大きな港になります。

僕は時間的にもTanger MEDを選択しました。

 

船に乗船

船に乗る前には出国手続きをしないといけませんが、船に乗るルート上に出国審査があるので、間違うことはありません。

ここは待合室。これから船に乗船します。

動くエスカレーターで船まで行きました。

船は大きく、中も豪勢でした。

バーも付いていましたし、お祈りできる場所やゆったり座れる椅子も完備してました。

 

注意事項

モロッコの入国審査(パスポートコントロール)は船の中で行います。

僕が乗ったフェリーでは、船の中にパスポートコントロールの窓口があり、そこに並らばないと入国審査をしません。ここで入国審査のことを知らなければ不法入国となるのでしょうか?しかもそのような事はどこにも書いてありませんでした。先人達のブログの情報に感謝です。

 

この入国審査は船に入ってすぐに行くか、空いてから行くほうがいいと思います。僕は船が出港してから行きましたが、軽く30分は並びました。

あまり遅すぎるとブースが閉まる可能性もあるかと思ったので、できれば船に入ったらすぐに行くのが良さげです。出港後1時間くらいしていたら空いていましたが、それでも並んでいました。

 

スポンサーリンク

タンジェMEDに到着

タンジェに到着するとみんなソワソワしだします。着港に時間がかかるので、少しゆっくりしてから動きだしても十分です。

 

船から出ると一応パスポートチェックがありました。スタンプが押されているかの確認です。そうすると目の前にシャトルバスがあるので、それに乗りターミナルへ向かいます。そこで荷物のチェックがありました。ほぼスルーでしたが。

到着したタンジェMED(新港)はこちらです。

これからタンジェの街まで向かいます。

その前に帰りの便の時間をチェックしました。

タンジェMEDからタンジェの街まではローカルバスで移動しました。その移動方法はこちらの記事で書いておきます。

モロッコにフェリーで入国!タンジェMED(新港)からフェズまでCMTでバス移動
モロッコへ行くのは大砂丘:メルズーガの砂漠を見るために行きました。エジプトの砂漠やナミビアの砂漠にも.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

50.スペイン52.モロッコ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました