台風で飛行機が欠航になる基準を解説

台風で飛行機が欠航!?

自分が乗る飛行機が台風で欠航するなんて思うと予定が狂って大変や仕事に影響が出てしまうことがあります。

台風で飛行機が欠航するのに基準があるのかどうかを解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

欠航の可能性

欠航になる可能性は大きく分けると、航空会社の判断、機長の判断の二つがあります。

どちらかがダメだと言えば、欠航になってしまいます。

 

今回は台風に焦点を当てて説明します。

最初に言っておきますが、これは目安です。

実際に欠航になるかどうかはさまざまな要素が絡み合うので、一概には言えませんので、目安として参考程度にしてください。

 

スポンサーリンク

台風の離発着の基準

欠航になるかどうかは空港付近の天候です。

主に欠航になる原因は霧と風です。

 

特に風は横風に対してです。

これが航空会社の規定以上になると欠航になります。

 

航空会社の規定

これは機体・発着路の状態・天候など航空会社の規定によって基準が設けられています。

規定以上の数値を示すと欠航になります。

 

先ほどの横風ですが、横風が風速15mを越えると欠航になる可能性が高まります。

※横風なので、向かい風や追い風だとまた違った結果になります。

 

目安は横風15m

1つの目安は横風15メートルです。

路面の状況や司会状況でも前後するのですが、目安として15メートルです。

 

※雪だと横風5メートルでも欠航になるときもある。

 

スポンサーリンク

飛行中はあまり関係ない

飛行中は台風の影響はほとんどありません。

台風よりも高い位置を飛行しているので、飛行中は影響はそれほどありません。

 

飛行中よりも離陸と着陸時に影響を受けます。

 

スポンサーリンク

飛行中の飛行機の情報を知る方法

家族が無事に出発できたかどうか?

到着時刻は遅れるのか?

飛行状況はどうなのか?

 

これらの情報を知る方法があります。

それはフライトレーダーというサイトを見れば、だいたいの時刻がわかります。

 

次回は台風で飛行機に遅延や欠航があったときに保険はどうなるかを解説します。

→台風で欠航が起きた時の保険は!?

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました