海外でスマホをインターネットに接続する基礎知識

スポンサーリンク

海外旅行に行く時に心配になるのが、海外でもインターネットにちゃんと接続できるのかという心配があります。

僕は世界72カ国を旅してきました経験から、どういう時にインターネットに接続できるかを教えましょう。

海外でインターネットに接続するには

今や海外でも簡単にインターネットに接続できるようになりました。

問題はコスパと場所です。

お金を支払えば、インターネットに繋げるのは簡単ですし、どこでもインターネットができます。

要は安くインターネットに接続するか、通信費を払ってでもインターネットをするかの違いです。

スポンサーリンク

インターネットの海外での接続方法

海外でのインターネットの接続状況はこのようになります。

  • キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の通信を使う
  • Wi-Fiスポットを利用する
  • 現地SIMカードを買う
  • Wi-Fiをレンタルする

1つずつ説明します。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の通信を使う

これが1番わかりやすいでしょう。

日本で使ってるスマホはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIM)と契約して使っていると思います。

これらのキャリアは海外では使えませんが、現地の通信会社の回線があります。

日本のキャリアは海外の通信会社と提携しているので、そのままでもインターネットに接続できます。

これにはデメリットがあり、通信費がバカ高いです。

キャリアの海外利用料だと1日に2000~3000円というのが多いです。

場所:どこでも

料金:バカ高い

特徴:設定でデータローミングをオンにする

Wi-Fiスポットを利用する

海外でインターネットをするのにはWi-Fiスポットを利用する人がほとんどだと思います。

たぶん7割はこれだと思います。

海外のホテルではほぼ100%Wi-Fiがついています。

無料のホテルが多いですが、たまに有料のホテルもあります。

ホテルの他にもレストランやショッピングセンター、空港、街中にもフリーWi-Fiがあり、ほとんどが無料で使えます。

デメリットはWi-Fiスポット以外ではインターネットに繋ぐことができないのと、フリーWi-Fiは速度が遅いところもあります。

インターネットに繋ぐのはたまにで良いという人にはピッタリです。

何も申請もいらないので、簡単です。

場所:Wi-Fiスポットのみ

料金:無料

特徴:速度が遅い時がある

現地SIMカードを買う

現地の通信会社と契約をしてSIMカードを購入します。

ほとんどの国の空港で契約できます。

プリペイド式なので、使いすぎる事もないです。

料金もアジアでは1週間の利用で数百円から2000円くらいまでが相場です。

ヨーロッパや他の先進国だともう少し高くなります。

利用するにはシムフリー端末が必須です。

契約には英語が必要になりますが、話せなくてもジェスチャーでなんとかなります。

利用料金も安くてネットもどこでも使えるので、旅行上級者向けの方法です。

英語で契約は心配と思う人はAmazonで海外で使えるSIMカードが売っていますので、日本で購入して持っていく方法もあります。

場所:どこでも

料金:発展途上国だと安い、先進国だと日本と同じくらい

特徴:シムフリー端末のみ利用可能

フィリピンでSIMカードを購入した時の記録です。

中国は規制があるので、現地でSIMカードを買うのはお勧めできません。

Wi-Fiをレンタルする

海外でネットを使いたいなら、Wi-Fiレンタルが良いと思います。

現地SIMカードは1台だけですが、Wi-Fiレンタルならグループで1台レンタルすれば複数人で利用できますし、何より使いたい放題です。

使用量なんて気にしなくて良いですし、インスタやYouTubeもやりたい放題です。

何より通信が安定していますので、仕事の連絡やPCを使う人には必須なのではないでしょうか。

値段はだいたい1日1000円前後と安くはないですが、安定した通信が必要ならこのくらいは必要経費だと思います。

家族やグループでなら、そこまで高いわけではないです。

場所:どこでも

料金:1日約1000円

特徴:グループや家族ならお得。通信は安定

Wi-Fiのレンタルなら、性能はどこの会社もほぼ横並びです。

それならシェアが大きく知名度のあるイモトのWiFiがお勧めです。

満足度が高いのとシェアが大きいので、空港で受け渡しもできるし、当日のレンタルも可能です。

シェアが多いいからできることです。

まとめ

海外でもインターネットに繋げるのは簡単です。

安く通信する方法もありますので、自分にあった方法が良いと思います。

海外でiPhoneを充電するのに必要な事をまとめてみました。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存