海外でスマホをインターネットに接続する基礎知識

海外旅行に行く時に心配になるのが、海外でもインターネットにちゃんと接続できるのかという心配があります。

僕は世界72カ国を旅してきました経験から、どういう時にインターネットに接続できるかを教えましょう。

 

海外でインターネットに接続するには

今や海外でも簡単にインターネットに接続できるようになりました。

問題はコスパと場所です。

 

お金を支払えば、インターネットに繋げるのは簡単ですし、どこでもインターネットができます。

要は安くインターネットに接続するか、通信費を払ってでもインターネットをするかの違いです。

 

スポンサーリンク

インターネットの海外での接続方法

海外でのインターネットの接続状況はこのようになります。

  • キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の通信を使う
  • Wi-Fiスポットを利用する
  • 現地SIMカードを買う
  • Wi-Fiをレンタルする

1つずつ説明します。

 

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の通信を使う

これが1番わかりやすいでしょう。

日本で使ってるスマホはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIM)と契約して使っていると思います。

 

これらのキャリアは海外では使えませんが、現地の通信会社の回線があります。

日本のキャリアは海外の通信会社と提携しているので、そのままでもインターネットに接続できます。

 

これにはデメリットがあり、通信費がバカ高いです。

キャリアの海外利用料だと1日に2000~3000円というのが多いです。

 

場所:どこでも

料金:バカ高い

特徴:設定でデータローミングをオンにする

 

Wi-Fiスポットを利用する

海外でインターネットをするのにはWi-Fiスポットを利用する人がほとんどだと思います。

たぶん7割はこれだと思います。

 

海外のホテルではほぼ100%Wi-Fiがついています。

無料のホテルが多いですが、たまに有料のホテルもあります。

 

ホテルの他にもレストランやショッピングセンター、空港、街中にもフリーWi-Fiがあり、ほとんどが無料で使えます。

 

デメリットはWi-Fiスポット以外ではインターネットに繋ぐことができないのと、フリーWi-Fiは速度が遅いところもあります。

インターネットに繋ぐのはたまにで良いという人にはピッタリです。

何も申請もいらないので、簡単です。

 

場所:Wi-Fiスポットのみ

料金:無料

特徴:速度が遅い時がある

 

現地SIMカードを買う

現地の通信会社と契約をしてSIMカードを購入します。

ほとんどの国の空港で契約できます。

 

プリペイド式なので、使いすぎる事もないです。

料金もアジアでは1週間の利用で数百円から2000円くらいまでが相場です。

 

ヨーロッパや他の先進国だともう少し高くなります。

利用するにはシムフリー端末が必須です。

 

契約には英語が必要になりますが、話せなくてもジェスチャーでなんとかなります。

利用料金も安くてネットもどこでも使えるので、旅行上級者向けの方法です。

 

英語で契約は心配と思う人はAmazonで海外で使えるSIMカードが売っていますので、日本で購入して持っていく方法もあります。

 

場所:どこでも

料金:発展途上国だと安い、先進国だと日本と同じくらい

特徴:シムフリー端末のみ利用可能

 

フィリピンでSIMカードを購入した時の記録です。

【お得情報】マニラの国際空港でSIMカードの購入方法とその値段
僕は海外へ行く場合は必ず、SIMカードを購入します。 海外でも日本と同じようにインターネットが使えたら便利ですし、

 

中国は規制があるので、現地でSIMカードを買うのはお勧めできません。

【買わないで!】上海の浦東国際空港で現地SIMカードを買わないほうが良い理由
上海の浦東国際空港にはSIMカードが売っているが、購入するのはちょっと待った!! 2017年に上海の浦東国際空港へ

 

Wi-Fiをレンタルする

海外でネットを使いたいなら、Wi-Fiレンタルが良いと思います。

現地SIMカードは1台だけですが、Wi-Fiレンタルならグループで1台レンタルすれば複数人で利用できますし、何より使いたい放題です。

 

使用量なんて気にしなくて良いですし、インスタやYouTubeもやりたい放題です。

何より通信が安定していますので、仕事の連絡やPCを使う人には必須なのではないでしょうか。

 

値段はだいたい1日1000円前後と安くはないですが、安定した通信が必要ならこのくらいは必要経費だと思います。

家族やグループでなら、そこまで高いわけではないです。

 

場所:どこでも

料金:1日約1000円

特徴:グループや家族ならお得。通信は安定

 

Wi-Fiのレンタルなら、性能はどこの会社もほぼ横並びです。

それならシェアが大きく知名度のあるイモトのWiFiがお勧めです。

満足度が高いのとシェアが大きいので、空港で受け渡しもできるし、当日のレンタルも可能です。

シェアが多いいからできることです。

 

スポンサーリンク

まとめ

海外でもインターネットに繋げるのは簡単です。

安く通信する方法もありますので、自分にあった方法が良いと思います。

 

海外でiPhoneを充電するのに必要な事をまとめてみました。

【海外旅行でのiPhoneの充電】果たして変圧器は必要か!?スマホの海外での充電方法について
海外旅行へ行く前はすごくドキドキします。何を持っていこうか?どこのお店へ行こうか?何を買おうか?なんて旅行計画を

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

海外SIM(プリペイド・ロック解除)
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました