変圧器は必要!?iPhoneの海外での充電について

海外でのiPhoneの充電について

海外旅行の時に気になるのが、スマホの充電です。

Wi-fi環境があれば、日本と同様にネットに繋げることもできますし、LINEやFacebook・Instagramで友人と情報を共有できます。

ここでは海外にいる時にはiPhoneやAndroidはどのように充電するのかを説明します。

最初に結果を言うと、iPhoneは世界各国で発売されていますので、海外でも問題なく充電できます。

しかし、充電はできますが1つ問題があります。

スポンサーリンク

充電するのに変圧器は不要!?

充電するにあたっての問題は変圧器ではありません。

先ほども述べましたが、iPhoneは世界中で販売されているため変圧器など電圧などの心配はいりません。

ちなみに日本の電圧は100ボルトですが、海外では220-240ボルトが主流です。

変圧器よりも重要なのはコンセントの形

iPhoneの充電は電圧など考えなくていいです。

それよりも重要なのはコンセントの形です。

日本のコンセントの形はAタイプといい、これは世界でも稀なタイプです。

同じような形を採用している国はアメリカです。

実際はアメリカのコンセントの形はアースがついており、日本とは若干違いますが、日本のコンセントはアメリカで使うことができます。

海外のコンセントの形状

少しコンセントの形について詳しく説明します。

アメリカもコンセントは日本と同じ形で問題なく使えますが、アジアやヨーロッパでは同じようには使えません。

BタイプやCタイプBFタイプなんてのもあります。

日本のコンセントをそのまま使うには、旅行へ行く国のコンセントの形を調べる必要があります。

これが同じAタイプであれば、日本で使っているコンセントをそのまま持っていけば、スマホは充電することができます。

しかし、コンセントの形が違うとそのままではコンセントを使うことができないので、変換プラグが必要になります。

買うべきなのは全世界対応タイプのコンセント

海外で使うのは変圧器ではなく、変換プラグです。

これがあれば、普段使っている充電器を海外で利用することができます。

変換プラグは量販店で買うことができます。

500円前後で購入することができますが、一回の旅行でその国の変換プラグだけを買うのはお勧めできません。

次に旅行に行く時にも使うかわかりませんので、変換プラグの種類もたくさんあります。

次回の旅行にも使えるような全世界対応の変換プラグもあるので、海外に行くのならどこの国でも使えるようなプラグを買うべきです。

1個買えば、どこに旅行行くときでも使えるのでコスパは抜群です。

お勧めなのはUSB付のです。

USB付きならスマホの充電をしながらカメラの充電もできます。

ちゃんとした量販店で買うと中々の値段がするのでAmazonで購入するのがいいですよ。

今回だけの旅行なら変換プラグのみでも問題ないです。

海外旅行にはモバイルバッテリーもどうですか?

海外で充電が切れた時にあったら便利なのがモバイルバッテリーです。

あるのと無いのでは安心感が違います。

持っていないなら、大容量のが最近では安くなってきたので良いと思います。

2000円ちょっとで大容量のモバイルバッテリーも買えますし、普段の生活でも使えます。

特に最近は安くて高性能のが出てきました。

それに軽いです。

僕は2年前に買ったのをずっと愛用していましたが、それよりも軽くて容量があるのが2000円ちょっとで売っていました。

旅行の際に買い換えましたが、かなり満足しています。

容量は20,000mAhとiPhoneを8回も充電できるほどの大容量です。

しかも、このモバイルバッテリーは超軽量です。

iPhoneのための海外旅行の保険に加入

海外でiPhoneなどが壊れる心配はありませんか?

海に持って行ったり、水没してしまったら取り返しがつきません。

海外旅行の保険の中には携行品保険という物があります。

これに加入すれば、水没してしまったり、盗まれてしまっても保険が適用されます。

自分でワザと壊したりしなければ、保険が効きます。

旅行に行く時にかなり安心します。

旅行時の病院なども補償があります。

この保険ですが、無料で加入できます。

補償内容は普通の旅行であれば十分です。

僕はこの無料の保険のおかげで、ここ10年は保険料を支払っていません。

特に難しいことではなく、クレジットカードについている保険を利用しているだけです。

このクレジットカードは年会費も無料なので、かなり重宝しています。

クレジットカードの保険について詳しく知りたい人はこちらで詳しく説明します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存