海外旅行保険のしくみ!これを見れば一目瞭然の補償内容

スポンサーリンク

海外へ旅行する時は、保険ってどうしてますか?

ほとんどの人がHISのような旅行会社の保険に加入していると思います。

 

僕も海外旅行へ行く時は保険に絶対加入していきますし、無いと不安になるときもあります。

どうせなら海外旅行に行くのに不安などは消しておきたいですよね。

 

今回は、ちょっと複雑な保険のお話です。

 

海外旅行保険の仕組みとは!?

日本にいると、保険って必要なのか?と思う時もありますが、日本には保険証ってのがありますよね。

保険証があることにより通常の金額の3割の負担で、病院にかかることができます。

 

これが、海外だと100%負担(つまり実費)になるので、旅行へ行く時は保険が必須なんて言われます。

 

特にアメリカは医療費がバカ高く、保険に入っていなかったから数百万円の医療費の請求が来たなんて、話題になったりもします。

 

こんな数百万の医療費を負担しないためにも、海外旅行保険があるんです。

 

スポンサーリンク

保険はどこで入れるのか?

ツアーで旅行へ行くのなら、HISやJTBなんかで保険に入ることができます。

空港で入ることもできますし、インターネットでも加入可能です。

 

クレジットカードで保険が付帯されているサービスもあるので、インターネットで調べてみたらいろんなサービスが出てくるので、自分の好きなサービスを探してみて下さい。

 

僕のお勧めはエポスカードについている保険がお勧めです。

【無料保険】まだ高い保険料を支払っているの!?海外旅行保険はエポスカードの付帯保険で十分すぎる3つの理由
海外旅行へ行く時はしっかり保険に入っていますか? 僕は頻繁に海外に行く機会があるのですが、毎回保険に入っていたらかなりの金額になってしまいます。 それでも保険に入らないわけにいきま・・・続きを見る

 

保険内容について

保険について重要なのが補償内容です。

特に意味がわかりずらいのが、こちらの内容です。

 

皆さんがわかりやすく理解できるように説明しますが、加入する保険内容や条件などで、補償内容などが異なる時がありますので、実際の保険内容については、加入する内容を良く理解して保険に加入、利用してください。

 

今回は一般的な海外旅行保険(31日まで)の内容を説明します。

 

スポンサーリンク

保険の項目について

海外旅行保険にはいろんな項目があります。

加入時にいろんな項目をみると思いますが、細かい字であんまりよくわからないという方が多いかと思います。

 

個人的にあまり意味がないと思う項目が一つあります。

それは【~死亡保険金】です。

 

これは死亡した時に支払われるお金ですし、戦争や自然災害、スカイダイビングや山岳登坂などの危険な運動行為中の事故は支払われないので、あまり重要視する項目ではないです。

あまり意味のない項目や重要項目を3段階に分けて、項目を説明したいと思います。

 

★  :使わない

★★ :たまに使う

★★★:入っておけば安心(これこそが保険の意味)

障害死亡

事故やケガが原因で死亡したら支払われる保険金

重要度:★

 

理由:海外旅行で死ぬ確率は相当低いのと、海外で死んだ人の理由はほぼ疾病。

 

障害後遺障害

事故やケガで生じた後遺障害について支払われ保険金

重要度:★

 

理由:かなり確率が低いのと日本では同じような制度が整っている。

 

疾病死亡

海外旅行中に病気により死亡した場合。帰国後72時間に発病した病気で30日以内に死亡した場合。旅行中に感染した感染症により30日以内に死亡した場合の保険。

重要度:★

 

理由:元からの病気(持病)はカウントされないのと、日本に帰ってきた場合は手厚い看護が受けれるため、死亡までほとんどいかない。

 

治療・救援費用

治療:海外旅行中にケガ・病気によって、治療を受けた場合の保険金です。

救援:行方不明・遭難した場合の捜索・救援した場合の保険金。

重要度:★★★

 

理由:海外で病院のお金が高すぎて払えないなどの問題が起こるのもほとんどがこちらの費用になります。

保険項目の中でこれが一番重要です。

保険で迷ったら、この金額だけで決めてしまっても十分です。

先進国で生死の境を彷徨うようなことがなければ、1000万もあれば十分です。

 

ちなみに東南アジアであれば、診察費なんて数百円から数千円です。

僕はタイで具合が悪く、病院に行きましたが、保険の支払ったお金より請求されたお金のほうが安くてビックリした覚えがあります。

 

賠償責任

損害を与えた場合で、法律上の賠償責任を負った場合。

重要度:★

 

理由:車やバイクでは利用不可。重大な過失がある場合は不可。賠償責任の限度額が1億になっているし、ほとんど使わない保険。

 

携行品損害

携行品(カメラ・スマホ・トランクケースなど)が損害を受けた場合の保険。

重要度:★★★

 

理由:盗まれたり、壊れたりしたら請求できる保険です。

iPhoneを落として壊してしまったのですが、この保険で直す金額のほとんどを賄うことができました。

海外旅行中にiPhoneが壊れてしまった!そんな時に使える海外保険の携行品補償の申請方法
海外旅行中にiPhoneに限らず、カメラだったりサングラスだったり、ちょっと高価なものが壊れたり無くなったりしたことはないだろうか? 僕は今までに2回このような経験があります。そ・・・続きを見る

 

通貨盗難

こちらは通貨(お金)についての保険です。

重要度:★★

 

理由:自己負担が5000円までなので、多額の現金を持っていれば意味がある保険。

海外ではクレジットカードの利用が主なので、そこまで使わない保険。

 

旅行事故緊急費用

飛行機が遅れたりして、急遽延泊が必要になった場合にホテル代や交通費、食事代の保険。

重要度:★★

 

理由:JALやANAなどは飛行機が遅れた場合にそれなりの補償がある(ホテルの手配、交通費の支給、代替え便の手配)。

そのため、LCC利用のときくらいしか意味がない。

 

スポンサーリンク

まとめ

保険の項目をわかりやすくまとめました。

今回参考にしたのはHISで加入できるエイチ・エス損害保険です。

 

こちらの内容は作成時の内容のため、違いがあるかもしれないので、加入される時にはしっかりと申込書の内容を理解してからご加入ください。

保険は最低2000円~加入でき、5日間の利用で5000円くらいかかります。

 

これが高いと感じるかは個人次第だと思います。

僕は使わない保険に5日間で5000円は高いと思うので、クレジットカードの保険を使っています。

 

保証額が低いと言われていますが、複数枚作ることで、加入する保険と同等の保険内容になります。

この記事をみたら海外旅行保険の考えがちょっぴり変わるかもしれません。

【無料保険】まだ高い保険料を支払っているの!?海外旅行保険はエポスカードの付帯保険で十分すぎる3つの理由
海外旅行へ行く時はしっかり保険に入っていますか? 僕は頻繁に海外に行く機会があるのですが、毎回保険に入っていたらかなりの金額になってしまいます。 それでも保険に入らないわけにいきま・・・続きを見る