【バングラデシュ】ダッカのシャージャラル国際空港でSimカードを買ってみた

スポンサーリンク

バングラデシュの国際空港

バングラデシュの首都ダッカのシャージャラル国際空港でSimカードを買ってみました。

その時のことをレポートします。

スポンサーリンク

意外と近代的な空港

アジア最貧国の一つとされるバングラデシュですが、聞いていたのとイメージは全く違いました。

同じく最貧国と言われる、ラオスより街は発展していますし、ネパールの田舎っぽさもない。

インドのチェンナイよりも綺麗な空港でした。

空港にはATMも何台も設置されていますし、トイレも綺麗でした。

無料のバッテリーチャージャー。

それに両替所は何か所もあります。

そして、Simカードも売っていました。

Simカードを購入

僕が空港に到着したのは19時。

だが、どこのショップも閉まる気配はありませんでした。

むしろ積極的に、「マネーエクスチェンジ!!」と叫ばれましたが、既にATMでお金をおろしていたので、スルー。

Simカードを購入するところは、関税を過ぎたところに特設ブースが3つありました。

2017年現在では、バングラデシュは4G回線はありません。

全て、3G回線となります。

3社ありましたが、今回はダッカしか訪れない予定ですので、どの会社にしてもたいした違いはないと思い、空いているところで契約しました。

契約に必要な物

今回の契約に必要なものは下記の通りです。

  • パスポート
  • 証明写真
  • お金

以上の3点です。

まずはパスポートを見せ、書類に記入。

記入事項は、

  • 名前
  • 日本の住所
  • 父親の名前
  • 母親の名前
  • サイン

これだけです。

僕が契約したとこは、Grameenphoneという聞いたことのないような会社。

ですが、僕が契約した後は人が並んでいました。

SIMカードのプラン

シムカードのプランは一つしかなく、選ぶことはできませんでした。

2Gのデータ、50分の通話がついて、310タカ(約450円)。

かなり安いです。

もっと高いと思っていましたが、激安でした。

僕は3日しかダッカにいないので、SIMカードを買おうか迷ったのですが、値段を聞いて即買いでした。

買ってよかったと思った

シムカードを買ってよかったです。

まず、空港を出たらフェンスに人が張り付いていました。

ちょっと見にくいけど、フェンス越しには大量の人が・・・

ちょっとギョッとしたので、タクシーで宿まで行くことにしました。

僕は空港から約5キロの所に宿を取ったので、そこまでは600タカでしたが、場所がわかりずらいので、事前に教えてもらっていた番号に電話をして、場所を教えてもらいました。

それにグーグルマップでもポイントしていたので、シムカードがあれば、ナビもできます。

知らない土地でSIMカードがあれば、便利に行動ができます。

バングラデシュに入国するにはVISAが必要です。空港でアライバルビザが無料でとれます。これはその時の記事です。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存