ペガサス航空でイスタンブール乗継の時にバゲージスルーできるか試してみた

ペガサス航空(Pegasus Air)はトルコのLCC

ペガサスエアをデンマークからギリシャへ行く時に使ってみました。

安いフライトがコペンハーゲン→イスタンブール→アテネだったので、トルコのイスタンブール経由です。

このペガサスエアはLCCですが、使い勝手は中々良かったです。

スポンサーリンク

荷物に関して

ペガサスエアの機内持込は8キロまでです。

1人一個のみ。

僕はスカイスキャナーで調べて、Gotogateという代理店経由で予約しました。

預け荷物も1人20キロまで無料でついていました。

以前ペガサスエアを使った時は預け荷物は追加で料金を取られていましたが、無料なので良かったです。

ちなみにその時の預け荷物料金は9ドルでした。

バゲージスルーはできるのか?

今回の問題はこちらです。

アテネまで行くので、イスタンブールで荷物を取りに行かないと行けないのか、それとも、そのまま乗り換えできるのかわからなかったのですが、空港のチェックインカウンターで聞いたところ問題なくバゲージスルーできました。

つまり、イスタンブールで荷物をピックアップする必要がないのでかなり便利だと思いました。

チェックインに関して

今回のフライトはオンラインチェックインをしたのですが、なぜかコペンハーゲン→イスタンブールのQRコードが出てきませんでした。

イスタンブール→アテネのQRコードは取得できたのですが、そのためチェックインカウンターで手続きした事によってバゲージスルー出来るとこを知りました。

ペガサスエアはライアンやwizと違ってオンラインチェックインしてもしなくても良いですし、チケットをプリントアウトする必要がないので便利です。

イスタンブールの乗り継ぎに関して

イスタンブールのサビハギョクチェン空港での乗り継ぎは至って簡単でした。

特に国際線の乗り換えですが、ペガサス航空はトランスファーデスクがエアーサイドにあるため、トルコに入国する必要なく、乗り継ぎすることができます。

僕はトルコに一度入国しているので、今回はトランジットのみで良かったので、トランジットデスクがエアーサイドにあってよかったです。

航空券もここで発券してもらいました。

空港では

乗継までかなり時間があったので、エアーサイドでゆっくりしたました。

ラウンジでゆっくりまったりです。

この時は空港泊しました。

エアーサイドの方が安全ですし、椅子もアームレストが付いていないのもあります。

マックもあるし、空港には無料Wi-Fiもありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存