海外製品を日本で使うようにするに必要な事

海外で購入した電気製品は日本で使えるのでしょうか?

そのままでは電圧やコンセントの形状が違うため、使えないのか?

どうやれば使えるようになるのか?

このような疑問に詳しくお答えします。

海外の電気製品は日本でも使えるようになる

最初に結果を答えると、海外の家電を含む電化製品は日本でも使えます。

しかし、電気製品によっては変圧器やプラグなど変えなくてはならないことがある。

更に詳しくお答えします。

スポンサーリンク

まず考慮すべきはコンセント

世界には日本とは違うコンセントの形があります。

次の図を見てください。

世界にはこれほど多くのコンセントの形があります。

それに合うプラグの形も多様です。

これをみると日本の形はA型になります。

まずは使いたい電気製品のプラグがA型に対応しているかを確認しましょう。

もし、対応していなければ変換プラグがありますので心配しないでください。

これは海外製品を日本製品用のA型に変換するプラグです。

これで全世界対応なので一個あれば、どの製品にも対応するのがいいですね。

電圧に注意

次に考えるのは電圧と電流(アンペア)です。

基本的に海外製品は220ボルト(V)の物が多いです。

海外のに電圧は220ボルトが多い

海外の国々の電圧は220ボルトが多いです。

アメリカじゃ120ボルト、ヨーロッパなどは220ボルトです。

極稀に100-240Vの表記があれば、世界中どこでも対応しています。

スマホなどの充電器はこれに対応しています。

そのためスマホやパソコンは変換プラグがあれば、世界中どこでも充電できます。

そのため、海外の製品を使おうとすると電圧の問題が浮上します。

ただ、パソコンや照明器具などは電圧が弱いといってもそれほど問題はありません。

問題なのは熱を発生させるドライヤーや調理器具です。

これらは電圧が低いと始動しなかったり、パフォーマンスが弱かったりします。

逆に日本製品は100ボルトなので、海外(220ボルト)で使おうとすると熱を帯びたり、ショートして壊れる危険性があります。

海外製品のような高い電圧の必要な機械は日本で使っても壊れることはありません。

必要なのは変圧器

変圧器を利用すれば、大抵の電気製品は使えるようになります。

日本の電圧を海外製品に対応するように、電圧を220ボルトまで上げる変圧器のことをアップトランスと言います。

このアップトランスの変圧器は比較的安価(2000円~3000円)で売っています。

ここで注意しないといけないのは、電圧がかわるということだけです。

台所で使うような白物家電はワット数が関係してきます。

ワット数にも注意が必要

ワット数は消費電力のことです。

電化製品毎に消費電力があり、これに達していないと十分なパフォーマンスができません。

僕は海外で日本のドライヤーを使おうと思ったのですが、変圧器を使ったため必要な消費電力まで達せず、冷風しかでませんでした。

消費電力(ワット数:W)は電流(A)×電圧(V)で計算することができます。

例えば、1アンペアで100ボルトの電圧であれば消費電力は100ワットです。

例:1(A)×100(V)=100(W)

先ほど紹介したような安価な変圧器は消費電力が100ワットまでと大変少ないです。

100ワットで使える電化製品

100ワットで使える電化製品の例を紹介します。

ゲーム機 10W

ノートパソコン 60W

電気シェーバー 10W

ビデオカメラ 50W

これらを利用するくらいなら通常の変圧器で十分です。

100ワット以上必要な家電

100ワット以上必要な物です。

冷蔵庫 250-300W

ドライヤー 1200W

アイロン 1200W

洗濯機 1200W

電子レンジ 1500W

※これらは目安です。

消費電力が大きいものへの対応

これらの消費電力が大きいものはどのように対応するのでしょうか?

日本では完全に使えないというわけではありません。

これらにはより高性能な変圧器を使えば利用できるようになります。

いかがでしたか?

少し海外製品について学べたと思います。

次回はスマホ製品を海外で使えるようにするには?を記載します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存