【グーグルマップ】GoogleMapを海外や電波が無い状況(オフラインや機内モード)でも使うワザ

道に迷った時や車のナビの代わりにスマホのグーグルマップ(GoogleMap)を使う人も多いと思います。

しかし、これは電波がある時だけと思っていませんか?

GoogleMapはとても優秀で、ある条件を満たせば電波がない状況でも、海外でも使うことができます。

GoogleMapをオフラインで使うには

Google Maps

GoogleMapはiPhoneでもAndroidでもアプリがでています。

日本では道に迷ったり、目的地に行くまでに徒歩でも車でもナビの代わりに使っています。

特に初めて行く時には重宝しています。

GoogleMapですが、データ通信の容量を越えたときや、海外などでデータ通信ができないオフラインのときでも事前に地図をダウンロードすることができて、ナビの代わりに使えるということは知っていますか?

※オフラインというのは電波がない状況を指します。

もちろんGPS機能の無いスマホ等では使えませんが、今の日本で発売されているスマホのほとんどはGPS機能が付いているので、問題ありません。

GoogleMapの通常モードでは、アプリを起動するとデータ通信が始まりマップをダウンロードし、現在位置を取得しています。

スポンサーリンク

オフラインで利用するには

オフラインで使うためには、マップを事前にダウンロードする必要があります。

通常では、起動時にマップを読み込みます。

しかし、オフラインではマップを読み込む事ができないので、予めマップをダウンロードすることによってオフラインでも地図として使えるのです。

もちろんGPS機能はオフラインでも使えます。

オフラインでもGPS機能が使えるか知りたい方はこちらの記事で説明しています。

オフラインでもGPS情報が使える理由はこちらです。

マップをダウンロードする

button-1187460_640

オフラインで地図を使用するには、予めマップをダウンロードする必要があります。

ダウンロードは簡単にできますので、まずはGoogleMapのアプリを起動しましょう。

マップのダウンロードはデータ通信が必要なので、電波のあるところにしましょう。

マップの容量は意外と大きいので、Wi-Fi環境で行うのが良いと思います。

まずはアプリを起動したらGoogleMapにログインしましょう。

Googleのアカウントを持っていれば、既にログインしている状態だと思います。

ログインしていないならば、ログインしましょう。

次はマップを保存したい地域を検索しましょう。

海外で使うことを想定してダウンロードしますので、今回はホノルルを検索してみました。

検索対象:ホノルル

1

検索結果がでてきました。ピンがしっかりとドロップされています。赤字のところをクリックしましょう。

2

ホノルルについて出てきました。写真のしたに「保存」、「共有」、「ダウンロード」があります。地図をダウンロードするには「ダウンロード」をクリックしましょう。

3

ダウンロードする地図が表示されます。どのくらいの広さでダウンロードするか指定します。

マップの表示を小さくすると更に詳細がダウンロードできますし、道だけわかればいいなら、ダウンロードできる限界まで縮小した地図をダウンロードしましょう。

注意:オフラインエリアの指定の最大は 120,000 平方キロメートルです。これより広いエリアを保存しようとすると、小さいエリアにズームインするように言われます。

4

後はオフラインのエリアの名前を決めます。気にしてもしょうがないので、この何でもいいと思います。

わかりやすいのにしましょう。

マップの使い方

ダウンロードが終われば、あとは普通に使うだけです。ここまで終わるとデータ通信する必要はありません。

このダウンロードした地図内では現在位置の取得だけでなく、経路も使えます。

ダウンロードしてしまえば、特に細かい設定をする必要がなく普段通りにマップを使うことができます。

海外で使う場合には、少し設定をいじる必要があります。

料金を絶対にかけたくない人は、設定をこのようにしてください。

  • 機内モード
  • Wi-Fiオン

慣れている人は、データローミングをオフにするだけでも大丈夫です。

データローミングをオフにしているだけでは電話などもかかってくるので、心配なら上の機内モードでWi-Fiオンにしてみてください。

こちらの機内モードでは山の中などではGPSの精度が不安なので、データローミングをオフで対応してみてください。

普通の町中のような場所では十分だと思います。

注意して欲しいのが電車の案内や交通状況、有料道路の情報などデータ通信が必要なものは反映されません。また、GoogleマップはGPSロガーとしても使えます。

GPSロガーとして使うにはどうすればいいかを詳しく知りたい方はこちらで↓

GoogleMapで日々どこに行ったのかタイムラインでGPSの記録をとる

追記情報

グーグルマップは日々アップデートされています。

現在は一度見たことがある地域ならある程度はキャッシュとして自動的にマップはダウンロードされています。

そのため、事前ダウンロードすることなくオフラインでも使えます。

しかし詳細などは、ここに記載されている方法でダウンロードしておくほうがいいです。

また、マップは見ることができますが経路の検索などはインターネットにつながっている状況でないと利用することができません。

現在はグーグルマップで十分ですが、Mapsmeというアプリでも同じようなことができます。

海外の人やバックパッカーはこのMapsmeというアプリを良く使っている人が多いですが、個人的にはグーグルマップで十分です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存