【年末】バンコクからクラビ(orプーケット)までバスで格安に移動する

バンコクでの滞在は長く、バンコク周辺もかなり探索したと思う。バンコクではちょっとレアな観光地である地獄寺や居心地が良い日本人宿のロングラックで長居してしまったので、急いで次の目的地まで行くことにした。

【話題間違いなし】タイのバンコクから地獄寺へ公共バスで行く方法
世界一周を経験した僕でも、この地獄寺はめちゃくちゃ特殊な場所でした。 ここまで地獄を再.....
【お勧め】バンコクの観光地の場所とお勧めスポット
バンコクのお勧め観光スポット 個人的にお勧めできる観光スポットをご紹介します。 ちょっと.....

 

バンコクからクラビ(orプーケット)までバスで移動する

バンコクからクラビ(orプーケット)まで格安に行くなら、バックパッカーなら夜行バス一択です。理由は安いからです。

特に夜行バスであれば、宿泊費も浮かせることができるので飛行機よりもかなり安くなります。

 

飛行機でも、かなり早めに予約しているなら、AirAsiaの飛行機であれば3,000円前後で予約することもできます。ただし、飛行機の料金に空港までの交通費+荷物料金がかかるので、バスなら飛行機の最安値の半額くらいでいけることになります。

 

僕はバックパッカースタイルで旅をしていたので、バスの予約を取ったのも出発の2日前でした。

年末であったため、プーケットの飛行機は片道1万円くらいしていたので、バスでクラビまで行くことにしまいた。

※プーケットも同じ方面なので、途中までは同じバスで行くことになる。

 

スポンサーリンク

予約はカオサンロードの旅行代理店

カオサンロード付近にはたくさんの旅行代理店がある。値段はあってないようなものだ。

安いとクオリティの低いバスだったり、料金が高くても良いバスとは限らないので、僕はできる限り安いバスをチョイスした。

 

これなら高いお金を払って、ショボいバスだったという事もないので、いくらか諦めがつく。夜行バスは通常だと650バーツ(1950円)でいけるが、年末であったり、イベントがあると何かと高くなる。

今回も年末だったため100バーツ(300円)高い750バーツだった。それでも安いけど。

クラビはまだ少し安いが、プーケット行きだとこれよりも若干高くなるが、950バーツ(2850円)でいけるそうだ。

 

スポンサーリンク

バスはカオサンロードを出発し、クラビへ

カオサンロード近くの旅行代理店で予約したため、まずは予約した旅行代理店へ集合。その後、集まった人を連れて、カオサンロード近くの道へいった。

集合時間は18時だったが、みんなが集まってから歩いて、ホテルを回り、バスの集合場所へ。普通、客を連れて歩いてホテルを回るという事はないが、このような事があるのが、海外だ。

 

僕はてっきり、ミニバンで旅行代理店まで迎えに来るかと思っていたが、そんなことはなかった。お姉さんが迎えに来て、そこから徒歩5分のところの道にバスが来るということで、そこで待っていた。

これがバスのバウチャー。値上がりしているので、+100バーツされている(二人分)。

お姉さんにバウチャーを渡して、バスのチケットをもらう。ここでしっかりとバスチケットを写真におさめておく。

何が起こってもいいように記録はつけておいたほうが良い。ここらへんの自己防衛は海外では必須!!

30分はしないうちにバスが到着。バスは自由席だった。

 

カオサンからクラビへ出発したバスは2階のタイプで、狭いバスだった。このタイプのバス早めに行っていい席をとったほうがいいのは知っていたので、早めにバスの席を取りに行った。

 

12時近くに起こされ、ここで夕食の提供があった。ハッキリ言って迷惑な時間の休憩だ。

18時前に夕食を取っておくことと、小腹が空いたときように何かを買っておいた方が良い。それと今回のバスには水もブランケットもついてなかった

 

バスの乗り換え

朝5時に起こされ、よくわからないままバスを降ろされる。

そしてバスチケットとシールを交換し、洋服に貼る。

 

グーグルマップで見てみると、ここでバスを降ろされた。

スラタニというところらしい。ここで知ったのだが、クラビとプーケット以外の人も同じバスに乗っていた。

同じ方面はサムイ島、パンガン島、ピピ島に行く人も同じバスに乗っていたらしい。このような待機所で次のバスが来るまで待つ。

 

5時半には到着したが、バスが来たのが6時半。その間にプーケット行きの人はソンテウで何処かへ行った。

途中でバスに乗り換えかそのまま行くかわからないが。

 

クラビ行きが到着

クラビへ行くためのバスがきたが、こちらのバスのほうが大きいし快適。しかも人がほとんどいない。

2時間後の8時半前にはクラビのバスターミナルに到着。

ここがクラビのバスターミナルだ。

ここからクラビタウンに行くか、アオナンビーチに行くかで変わるが、クラビタウンなら50バーツでホテルまで送迎。

アオナンビーチなら100バーツで送迎してくれる。

タクシーならもっと高額になるが、乗り合いバスだとこの値段だった。

 

僕はクラビタウンで宿泊した。クラビタウンの方が宿が安いし、バイクを借りればビーチまでの道のりも全く問題ない。

クラビタウンからプラナンビーチの行き方と値段
プラナンビーチ プラナンビーチとは、クラビのアオナンビーチから船で行ける陸の孤島のビーチで.....

クラビに来たなら、是非行って欲しいところがある。それはエメラルドプールだ。

【クラビ】エメラルドプールとブループールまでバイクで行ってきた方法と時間と金額
エメラルドプールとは クラビには手付かずの自然が数多く残っており、天然の川がエメラルドグリ.....

クラビのお勧めスポットはこちらで紹介しています。

【タイ】クラビの自然のお勧め観光スポット
クラビのお勧め観光スポット クラビはタイのバンコクから南西へ約800キロのところに位置している。こ.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

01.タイ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました