ブダペストから1日の日帰り観光でウィーンとブラチスラバを回る強行スケジュール

ブダペストから日帰りでウィーンとブラチスラバを回る

ブダペストに滞在中に丸々1日予定がなくなったので、ウィーンへ日帰り観光しようと思いました。

グーグルマップでウィーンの位置を調べてみると隣のスロバキアのブラチスラバまでも100キロ弱しか離れていないので、どうせなら2都市を日帰りで観光してやろうと思いました。

 

スポンサーリンク

日帰り観光にすると費用が節約できる

もし、2都市を2日かけて回ろうとすると、滞在費がかかります。

特にウィーンは物価が高いので、滞在中にも宿泊費、食費などお金がかかります。

 

ブラチスラバもウィーンに近いので、ブダペストよりも物価は高いです。

これを日程が少なかったのと、1日で2つの国を回れば食費や宿泊費が浮くので、強行スケジュールで2カ国を回りました。

 

スポンサーリンク

考えるべきはルート

ブダペストからウィーン、ウィーンからブラチスラバ、ブラチスラバからブダペストに戻ってくるルートで移動をしようと思いました。

移動は全てバスを利用しました。

  • ブダペスト→ウィーン 18.9ユーロ
  • ウィーン→ブラチスラバ 5ユーロ
  • ブラチスラバ→ブダペスト 10ユーロ

ブダペストからウィーンはフリックスバス。

ウィーンからブラチスラバまではスロバキアラインズ。

ブラチスラバからブダペストはフリックスバスを利用しました。

 

フリックスバスは予約もネットでできますし、キャンセルもネットでできます。

手数料はかかりますが、早めに予約を取っておいて時間があわなければキャンセルすればいいので、とりあえず予約をとりました。

フリックスバスの予約方法

フリックスバスのキャンセル方法

 

ルートを調べるうえで重要な事はバスや列車の時刻表です。

時刻表はGOEUROという検索サイトを使って調べました。

 

ブダペストを朝7時に出発

ブダペスト7時発のフリックスバスに乗れば10時にはウィーンに到着します。

ホテルからフリックスバスのバスターミナルまでの時間を考慮して、移動します。

 

朝は早いですが、バスに乗っている間は寝れるので少し早くても問題ありませんでした。

また、ブダペストのメトロは朝5時頃から動いていますので、問題なくバスターミナルまで移動できました。

 

ウィーンの観光時間

ウィーンには朝10時に到着します。

ウィーンを16時発にすれば、5時間弱は観光できます。

 

5時間も観光できれば満足すると思いました。

美術館に興味があって、5時間でも少ないと考えるならば日帰りで2ヵ国は厳しいと思います。

 

ちなみに僕は十分でした。

街並みも堪能できました。

 

ブラチスラバの観光

ブラチスラバには17時すぎに到着です。

ブラチスラバは小さい街ですし、3時間もあれば観光は十分だと思いました。

ブラチスラバを出発するのは21時のバスなので、その日のうちにブダペストに戻ってこれます。

 

スケジュール

  • 7:00 ブダペスト発
  • 10:00 ウィーン到着
  • 16:00 ウィーン発
  • 17:00 ブラチスラバ到着
  • 21:00 ブラチスラバ発
  • 23:40 ブダペスト到着

 

スポンサーリンク

反省点

朝の始発は6:00のブダペスト発があるので、そちらにしたほうがウィーンをより観光できた。

ウィーン→ブラチスラバはかなりの本数がでていたので、予約しないほうが時間に縛られずに観光できた。

 

ルートの反省点はブダペスト→ウィーン→ブダペストのルートにしたが、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンにしたほうがよかった。

ブラチスラバからの最終は21時発だったが、ウィーンからの終バスは20時発だったので、ブダペストに帰るのが1時間早くできた。

 

ブダペストのメトロの最終電車は23時半なので、ブラチスラバから帰るのではメトロが終わっている可能性がある。

実際に、僕は帰りのバスが遅れていて終電を逃した。

 

メトロは終わっているが、深夜バスがあるので帰るには問題なかったが、少し焦った。

 

スポンサーリンク

まとめ

予約はフリックスバスで予約した。

宿からバス停まではメトロを利用。1日で2カ国を回ることは不可能ではないが忙しい。

 

事前に観光へ行くところを決めておいたほうが効率よく回れる。

ウィーンの移動はメトロを使ったほうが良い。

 

いかがでしたか?

忙しいですが1日で2ヵ国2都市を回ることは不可能ではありません。

 

詳しい移動方法を載せておきます。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

35.ハンガリー36.オーストリア37.スロバキア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました