夜行列車で移動!ノルウェーのオスロからスタバンゲルまで

ノルウェーの首都であるオスロから西の端っこに位置するスタバンゲルまで夜行列車で移動しました。

スタバンゲルにはプレーケストーレンという600mの断崖絶壁のフィヨルドがあるので、そこを見たくて移動しました。

プレーケストーレンを知らない方はこちらで詳しく説明しています。

【断崖絶壁】ノルウェーのプレーケストーレンへの行き方(フェリー&バスの値段と時刻表)
プレーケストーレンをご存じですか? ノルウェーのスタバンゲルというところにある断崖絶壁.....

 

オスロからスタバンゲルまでの列車移動

オスロからスタバンゲルまでの移動記録です。マップも入れてありますので、わかりやすいかと思います。

 

オスロの駅はこちらになります。グーグルマップを載せておりますので、実際に行く方は保存しておくことをお勧めします。

スタバンゲルまでの列車はオスロ中央駅から出発します。

夜行列車の出発時刻は22時25分発でした。

 

スポンサーリンク

NSBの列車の予約方法

NSBとはノルウェーの鉄道(国鉄)です。

列車の予約は1ヶ月にNSBのホームページから行いました。その時の記事はこちらです。

ノルウェーでの移動を夜行列車にしました!ネット予約の注意事項を解説
ノルウェーは行ったことがありますか? 北欧のノルウェーはそりゃあ物価が高かったです。 .....

 

予約時値段は299NOK(約4200円)でした。ヨーロッパの鉄道全般に言える事なのですが、予約は早ければ早いほど安いのが特徴です。

日本とは文化が違います。

日本であれば鉄道の料金は一律ですが、ヨーロッパは早く予約すればするほど安いチケットが取れます。イメージとしてはLCCの料金体系と似ています。

 

スポンサーリンク

オスロからスタバンゲルまでの実際の移動

今回のルートは格安チケットということもあり、オスロから夜行列車でモイという街まで行き、そしてバスに乗り換えてスタバンゲルまで移動しました。

このチケットはめちゃくちゃ安いチケットで、バスに乗り換えるは安いです。

チケットの予約はNSB(国鉄のホームページ)で列車+バスの予約ができました。

 

出発時刻まで駅で待機

さすが北欧といった感じで駅は綺麗でした。

 

スタバではマグカップがあり、買おうか迷いましたが荷物になるので断念しました。

 

出発は22:25に出発なので、早めに駅に到着して、時間を潰していました。駅には無料Wi-Fiがありましたが、電源はなく、トイレも有料でした。

駅にはスーパーがあるので、食材を買い込んでおいたほうが良いです

駅には電光掲示版があり、どの列車が何番線から出発するかがすぐにわかります。

 

4番線からの出発でした。これだけわかりやすく書いてあるので、心配ありません。

 

列車の本数はかなり多いです。

 

ホームで待っていると、列車は22:10頃に到着しました。

 

列車の設備

列車には無料Wi-Fi、電源、トイレ、毛布がついていて快適でした

席も広いです。残念ながら寝台列車でなかったです。

 

車内でチケットのチェックがあります

チケットは印刷しておかなくて大丈夫です。チェックインなどもいらないので、列車が来たら乗り込むだけです。

列車が出発すると係員の人が搭乗券の確認に来るので、スマホの画面を見せるだけです。もちろん印刷したものを見せてもOKです。

 

荷物について

荷物は席まで持っていけます。

それに車両の前後に荷物スペースがあるので、スーツケースも余裕で持ち込めます。ただ自分の席から離れてしまうので、貴重品はハンドバック等に入れて近くに置いていたほうがよさそうです。

 

モイという所に到着

僕は格安のチケットだったため、モイというスタバンゲルから車で1時間半のところでバスに乗り換えます。

モイには朝5時過ぎに到着しました。

今回のスタバンゲルまでの安いチケットは、このモイというところでバスに乗り換えるので安かったのです。299NOKでスタバンゲルまでの列車とバスの料金なので十分なコストパフォーマンスです。

モイに到着すると、駅の前にバスが止まっているのでバスに乗り換えです。特にチケットを見せることはなかったです。朝のこの時間の列車はモイが最終地点らしいです。

列車のほとんどの人がこのバスに乗り換えするので、わかりやすいです。

 

バスでスタバンゲルまで移動

バスでの移動時間は1時間半です。

この間はバスでずっと寝ていました。そのため、朝7時にはスタバンゲルのバスターミナルに到着しまいた。このバスターミナルはスタバンゲルの列車の駅の隣なので、わかりやすいです。

 

スタバンゲルのバスターミナルの設備

バスターミナルにはフリーWi-Fiがありました。トイレは有料。荷物を預けるロッカーがありましたが、現金必須です。

 

鉄道駅の設備

鉄道駅とバスターミナルは隣接しています。

鉄道駅にはフリーWi-Fiがありましたが、何故かログインできなかったです。駅にも有料のトイレとロッカーがありましたが、こちらはクレジットカードが使えます。

北欧諸国(ノルウェーを含めて)に入ってから現金を使うことがまずないので、未だこちらの現金をみていません。そのため、北欧ではクレジットカードのみで生活できます。

 

そのままプレーケストーレンも行ける

かなりハードスケジュールですが、このままプレーケストーレンへ行くことも可能です。

プレーケストーレンへの行き方は別記事で詳しく説明しますが、簡単な行き方はこうです。

スタバンゲルの列車駅&バスターミナル→(徒歩15分)→フェリーターミナル→(フェリー約40分)→タウ港→(バス約30分)→バス停→(徒歩2時間)→絶景

 

フェリーの本数も多いので、駅に荷物を預けてそのままプレーケストーレンへ行くこともできます。

僕のスケジュールはこうでした。

  • 7:30のフェリーに乗る
  • 8:10タウ港到着→バスに乗り換え
  • 8:40駐車場到着。登山開始。
  • 10:30絶景ポイント到着
  • 11:15下山開始
  • 12:30駐車場到着
  • 12:45バス出発
  • 13:15フェリー出発
  • 14:00スタバンゲル港到着

 

フェリーのタイムテーブルや詳しい行き方についてはこちらを見てください。

【断崖絶壁】ノルウェーのプレーケストーレンへの行き方(フェリー&バスの値段と時刻表)
プレーケストーレンをご存じですか? ノルウェーのスタバンゲルというところにある断崖絶壁.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

44.ノルウェー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました