クアラルンプールのお勧め観光スポットとその地図

クアラルンプールの観光マップ

マレーシアの首都であるクアラルンプールにはたくさんの観光地があります。

クアラルンプールの観光地はほとんどが中心街にありますが、ブルーモスクなどの必見ポイントは少し郊外にあります。

 

効率よく見れば2日もあれば全て見ることができます。

個人で効率よく見るには観光地の位置関係を把握している必要があります。

 

スポンサーリンク

クアラルンプールの観光マップ

観光マップ位置関係がわかると、どのようなルートを通れば効率的に回ることも事前に考えることができます。

 

こちらのマップを見れば、だいたいの位置関係がわかります。

中心地にほとんどの観光地が集中しています。

 

観光名所一覧

  1. ピンクモスク
  2. ブルーモスク
  3. バトゥ洞窟
  4. KLCC水族館
  5. KLタワー
  6. ペトロナスツインタワー
  7. ダタランメルデカ
  8. セントラルマーケット
  9. Petaling Street Market
  10. スリ マハ マリアマン寺院
  11. マスジッド・ネガラ
  12. バード・パーク

このようになっています。

このマップはあなたのスマホのグーグルマップで見ることができます。

 

マップはスマホで見ると、アプリに記録されるのでいつでも見ることができます。

スマホのアプリで見る方法はこちらで詳しく解説しています。

 

ピンクモスク


ピンクモスクはクアラルンプール市内と空港との間に位置しています。

モスク自体がピンクに装飾されており、女性の貸衣裳もピンクで統一されています。

 

ピンクモスクは世界を探してもここにしかありません。

 

ブルーモスク


世界で3番目に大きいと言われているブルーモスクです。

青と白の色合いが清潔感を醸し出しています。

 

市内からのアクセスは時間がかかりますが、それでも行く価値はあります。

個人的にはバスでのアクセスが良いと思います。

 

バトゥ洞窟

クアラルンプールに来たのなら、必ず訪れる観光地です。

バトゥ洞窟の近くにある完全な暗闇を体験できる洞窟があります。

 

こちらは日本ではあまり知られていませんが、海外では人気のスポットです。

バトゥ洞窟のついでに訪れるのも良いでしょう。

 

KLCC水族館

全長90mの水中トンネルがある水族館。

水族館ですが、カエルや蝶なども展示されています。

 

KLタワー

東南アジア1高い電波塔です。

その高さは421mです。

 

高さ自体はペトロナスツインタワーの方が高いですが、標高が94mのところに建てられているので、眺めはこちらの方が良い。

そして比較的すいていますので、予約が必須のペトロナスツインタワーよりも訪れやすい。

 

ペトロナスツインタワー

452mのタワー。

その姿は圧巻です。

 

個人的にはライトアップされた姿がとても綺麗だと思います。

夜には近くで噴水ショーがありますので、夜の時間に訪れることをお勧めします。

 

ダタランメルデカ

ムルデカ広場はイギリス統治から独立した記念の場所です。

ここはだだっ広い芝生があり、予想よりはるかに大きい旗が立っています。

 

その大きさに驚くことでしょう。

 

セントラルマーケット

お土産を買うにはもってこいの場所。

ショッピングが好きならここははずせない。

 

有名ななまこ石鹸もここで売っている。

 

スリ マハ マリアマン寺院

クアラルンプールで最も古いヒンドゥー教の寺院です。

チャイナタウンから近いので、アクセスも良い。

 

マスジッド・ネガラ

いわゆる国立モスクです。

ピンクモスク・ブルーモスクは郊外にありアクセスは良くないですが、ここはアクセス抜群です。

 

時間が無い人はこちらのモスクへ。

 

バード・パーク

野鳥が放し飼いになっています。

子どもには喜ばれるでしょう。

 

大人だけなら、ここでわざわざ行く必要もないかと思います。

 

いかがでしょうか?

軽い説明もつけましたので、是非観光の参考にしてみてください。

 

クアラルンプールの中心街から安く空港へ行く方法もまとめてみました。

⇒最安値で空港まで行く方法

 

こちらではクアラルンプールでの物価情報をまとめてみました。

→クアラルンプールの物価情報

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

05.マレーシア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました