【イグアスの滝】約150円でアルゼンチンとブラジルの国境を陸路移動する方法

イグアスの滝はアルゼンチン側とブラジル側にまたがっています。

そのため、イグアスの滝は両方の国から見ることができます。

 

アルゼンチン側のプエルトイグアスからイグアスの滝への行き方はこちらです。

【2018年バス情報】プエルトイグアスからイグアスの滝の行き方と入場料の値段
プエルトイグアスからイグアスへ プエルトイグアスの街からアルゼンチン側のイグアスの滝への行き方.....

 

今回はアルゼンチンとブラジルの国境を陸路で移動する方法です。

プエルトイグアスからフォズドイグアスへの移動

2018年にアルゼンチン側のプエルトイグアスという街からブラジル側のフォズドイグアスの街へ移動しました。

この二つの街は非常に近く距離にして10キロ程です。

 

そのため、タクシーで移動するなら30分程(国境でのイミグレーションを除く)で到着します。

 

今回はアルゼンチンからブラジルへ移動した時の記録です。

 

スポンサーリンク

イグアスの国境はバス移動が安い

この2つの街はかなり近くにあり、バスでの移動がかなり安いです。

料金は片道25ペソ(約150円)でした。

しかもバスは30分に1本の割合であります。

 

ちなみにプエルトイグアスの街からイグアスの滝に行くには片道75ペソ(約450円)かかるので、かなり格安に設定されていると思いました。

 

バスの出発場所

バスはプエルトイグアスのバスターミナルから、フォズドイグアスの近距離バスターミナルの間を運行します。

途中にも小さいバス停があるので、そこでも乗ることができます。

バスの料金はバスに乗るときに現金で支払います。

バスは2社運行しており、Rio ParaguayCrucero del Norteです。

料金は両社とも25ペソでした。

 

バスは国境に到着

バスはアルゼンチン側の国境に着くと、全員降りパスポートなど身分証のチェックを受けます。

この時は荷物はバスの中に置いていても問題ありません。

 

イミグレーションのチェックはグーグルマップの国境よりかなり手前にありました。

そして、全員が揃うとバスは出発し、ブラジル側を目指します。

 

バスに再度乗るときは乗ったときに発行されたチケット(レシート)を見せれば乗れます。

無くさないようにしましょう。

 

ブラジルへの入国

ブラジルの入国ですが、アルゼンチンの人はビザチェックやパスポートチェックなどはしないようです。

何も言わなければ、入国審査の時に降りれないかもしれないので、しっかり運転手にスタンプが必要と言う事を伝えましょう。

 

この時には荷物を全て持ってから出ましょう。

バスはブラジルに入国するのにパスポートチェックをする人は置いていかれます。

 

ブラジルの入国審査

ブラジルに日本人が入国するとなるとビザが必要になります。

2018年1月からE-Visaで入国ができるようになりました。

 

E-Visaのメリットは何と言ってもビザの代金が半額になった事が大きいです。

このビザについては空路での入国についてしか注意書きがありませんが、もちろん陸路のでの入国にも使えます。

【写真付き解説】ブラジルの電子ビザ(e-Visa)をオンラインで申請する方法
ブラジルのオンラインビザ(e visa) 2018年から遂にブラジルのビザがオンラインから取得.....

 

E-Visaはプリントアウトした紙一枚ですが、パスポートとプリントアウトした紙を持って、イミグレーションに行けば、これで完了です。

すぐにスタンプを押してくれました。

事前情報では、ブラジルの入国には入国カードが必要と書かれたブログがありましたが、今回の入国に関しては入国カードが必要なかったです。

イミグレーションのスタッフに入国カードが必要か聞いたところ、いらないと回答されました。

 

再度、ローカルバスを待つ

ビザのチェックなどで、イミグレーションに置いていかれたなら、フォスドイグアスの街に行くには、次のバスに乗る必要があります。

同じバス会社なら先ほど乗ったチケットで再度乗ることができますが、会社が違うとバスに乗るには再度料金を支払う必要があります。

 

料金は同じ25ペソ(約150円)必要です。

この国境にはタクシーなどもいますので、タクシーに乗ることもできます。

 

バスは30分に一本ありますが、僕らとは前のバスに乗っていた人は1時間待っていると言っていました。

この人たちは、長距離バスターミナルからリオに行く予定があると言っていたので、しびれを切らして、タクシーで長距離バスターミナルに向かって行きました。

 

僕は、タクシーには乗らずバスを待ちました。

25ペソなので、約150円なら違うバスでも早いバスに乗ろうと思いました。

 

次に来たバスは、乗ったバスとは違う会社でしたが、そのまま乗り込みました。

 

バスのルート

バスはフォズドイグアスのバスターミナルへは、このようなルートで向かいました。

バスのルートはちょっと適当なので、だいたいこんな感じだと思ってください。

バスは途中下車できるので、バスのルート沿いでホテルを取っておくと便利です。

 

お勧めはバスターミナルの近くが良いと思いました。

僕はバスターミナルから少し遠いところに宿をとりましたが、フォズドイグアスの拠点は近距離バスターミナルになります。

こちらが近距離バスターミナルの場所になります。

 

スポンサーリンク

イグアスの近距離バスターミナル

こちらからイグアスの滝やアルゼンチン側、パラグアイへのバスが出ています。

もちろん長距離バスターミナルへのバスも出ているので、中心はこちらのバスターミナルになります。

 

どこに行くにも中心になりますので、よほどのことがない限りバスターミナルの近くに宿をとった方が良いと思います。

 

僕は宿のクオリティが高く、朝食付き、値段が安かったところに泊まったため、若干遠くになりました。

Hotel e Pousada Caroline

僕が泊まった時は一泊30ドルくらいでした。こちらはキッチンがありますが、少し小さいキッチンで料理がしにくかったです。

他のクオリティは高いです。

 

ここでも、 問題ないのですが、一旦バスターミナルまでバスで移動すると考えると時間とバスの料金を考えれば、バスターミナル近くに宿を取ってもそこまで値段の差はなかったと思いました。

バスターミナル近くのお勧めの宿はこちらです。

CLH Suítes Foz do Iguaçu

ここは少し高いですが、たまにセールをやっていて、セールの料金だと個室で35ドルくらいで泊まれます。

ドミトリーだと1300円くらいで泊れます。

こちらもプールやキッチン、ビリヤード台などもあり、満足できるホテルでした。

 

ブラジルの中でも安全なフォスドイグアスの街を楽しめるようにしましょう。

 

フォスドイグアスの街からイグアスの滝への行き方です。

【安くバスで行く】ブラジル側のイグアスの滝の行き方&ATMの使い方
ブラジル側のイグアスの滝 イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンの国境にありますので、どちらの国.....

 

その他にもフォスドイグアスからパラグアイに日帰り観光もできます。

【ブラジル】フォズドイグアスから日帰りでパラグアイ観光
パラグアイのシウダードデルエステに日帰り観光しました。 この街はブラジルのフォスドイグ.....

 

フォスドイグアスの街からサンパウロやリオデジャネイロへ行くなら、長距離バスターミナルからです。

長距離バスターミナルへの行き方&SIMカードが買える場所の情報はこちらです。

フォズドイグアスの長距離バスターミナルへの行き方【バス&タクシー】
フォスドイグアスの長距離バスターミナル ブラジルのイグアスの滝の拠点となる街の名前はフォスドイ.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

70.アルゼンチン71.ブラジル
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました