【マカオ・香港】コンセントのタイプと電圧について!iPhoneを充電するには何を持っていけば良いか?

マカオや香港に行く時に注意しなければいけないのは、コンセントのタイプです。

iPhoneやスマホ、パソコン、カメラなどは全世界対応のため、電圧は気にしなくて良いです。

 

そのため、気にするのはコンセントのタイプだけです。

 

マカオ・香港のコンセントのタイプはBFタイプです

マカオ・香港のコンセントのタイプはBFタイプと言って、ピンが3つあるのが特徴です。

このプラグがあれば、マカオや香港ではiPhoneなどは問題なく充電できます。

 

スポンサーリンク

マカオ・香港の電圧は220V

マカオと香港の電圧は220ボルトです。(周波数は50ヘルツ)

iPhoneやカメラ、パソコンなどは100‐240ボルト対応なので、全く問題なく充電することができます。

確認方法はこのように充電器に100-240Vと記載されれば問題なく使えます。

 

日本の電圧

日本は100V、周波数は50/60Hzなので、日本のドライヤーなどの電気製品をそのままでは香港とマカオで使用することができません。

日本のドライヤーなどワット数が高い電気製品は使えないのでご注意を!!

【知らなきゃ損】ドライヤーと変圧器を海外旅行に持って行っても意味が無い理由とお勧めの海外対応のドライヤー
・・・続きを見る

 

スポンサーリンク

iPhoneの充電に必要なもの

iPhoneを充電するには変換プラグが必要です。

変換プラグを使えば、日本で使っている充電器がそのまま使えます。

これを使えば、日本での充電器がそのまま使えます。

値段もお手頃です。

BFタイプ以外の変換プラグは100円ショップのダイソーで買えますが、何故かBFタイプだけは売っていないのです。

【海外】100円ショップで買える変換プラグのレビュー
・・・続きを見る

 

お勧めの変換プラグ

普通の変換プラグよりも少し高いですが、全世界対応の変換プラグのほうが他の国へ旅行した時も使えるのでお勧めです。

他にもお勧めの変換プラグはこちらで紹介しています。

【海外旅行には必須】お勧めの変換プラグを紹介するよ!!
・・・続きを見る

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

僕はスカイスキャナーでサンフランシスコ往復6万円台や、ハワイの往復がレガシーキャリアで8万円で予約できました(もちろん燃油サーチャージや税金込の値段です。)

 



Booking.com



 

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

 

 

agoda(アゴダ)も全世

にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

マカオ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました