【緊急事態には】インドの薬局で薬を買う方法と驚きの安さ

スポンサーリンク

インドの薬事情

以前に聞いたことがあるのですが、インドで腹を壊したら日本の薬じゃ効果が薄い、現地の薬が1番効くと言われたので、お腹を壊す前にインドの薬局に行ってきました。

僕は約1か月間インドで生活をしましたが、幸いにもお腹は壊さなかったです。

多少、お腹が緩い日や激辛のものを食べた時は調子が悪い時はありましたが、どうしようもないという日はありませんでした。

食事は基本的に現地のものを食べましたし、チャイやジュースもそこらへんで売っているものを飲みましたが、全く問題なかったです。

ガンジス川も行きましたが、沐浴などはしなかったです。

薬を買いにファーマシーへ

薬局は英語でpharmacy(ファーマシー)です。

ちょうどホテルに近いところにあったので、行ってきました。

日本では薬は箱ごと買いますが、インドを含めた海外ではバラ売りが基本です。

そのため、何がどのくらい必要なのかを先に考えておくことをお勧めします。

薬の名前

薬の名前は英語で先に調べておく方が良いです。

  • 腹痛の薬(抗生物質) antibiotics
  • 酔い止め Motion Sickness
  • 風邪薬 common cold medicine
  • 解熱剤 antifever drug  antifever medication
  • 咳止め cough medicine
  • 胃薬  stomach medicine
  • 痛み止め painkiller
  • 便秘薬  laxative product
  • 下痢止め antidiarrhea medication
  • 虫除け  insect repellent
  • かゆみ止め antipruritic drug

薬の名前は調べておくか、このページのスクリーンショットやPocketに保存しておくことをお勧めします。

インドでは薬は激安だった

インドでは、ジェネリック薬品が多く、日本では考えられない程安いです。

ちなみに、腹を壊したときの薬と酔い止めの薬を購入しました。

  • 腹痛の薬(antibiotics)16粒 96ルピー(約170円)
  • 酔い止め(Motion Sickness)12粒 52ルピー(約90円)

お腹を壊すこともなく、使うことはなかったですがかなり安かったです。

薬は使う必要がないほうが良いですが、もしもの時に少しくらいは持っていた方が安心です。

インドの物価情報についてもまとめてみました。

インドについて更に知りたい人はこちらの記事へ。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存