【Flixbus】Swebusを使ってストックホルムからオスロまでのバス移動

Swebusをご存じですか?スウェーデンのバス会社でしたが、今はFlixbusと合併してしまいました。

この記事をリライトしている時に知り、めちゃくちゃビックリしています。

Swebusとして乗ったのですが、Flixbusと合併して、路線の数も多くなってユーザーからしたらめちゃくちゃ便利になりました。

 

Swebus

Swebusはスウェーデンのバス会社です。ストックホルムからノルウェーのオスロまでFlixbusで行きたかったのですが、直行便が無かったのでSwebusにしました。

2018年時点ではFlixbusと合併し、直行便があります

 

Swebusについての情報がほとんど無かったので、記録します。

 

スポンサーリンク

バスの予約

バスの予約はSwebusのホームページから直接行いました。難しい事はなかったです。

※ホームページはFlixbusとなりました。

 

日付と時間を選んで決済しただけです。お金は返金ができないのが1番安かったので、安いのにしました。

 

チケットの値段

料金は409SEK(約5500円)でした。ちょっと高いですが、直前に購入するの列車より安いと思いました。チケットは登録のメールアドレスに送られてきます。

※列車は1か月以上前から予約すればかなり安いです。

列車は日中になりますが、セカンドクラスであれば、2400円~3500円以下で購入できます。

 

スポンサーリンク

バスの出発場所

バスはストックホルム中央駅の近くのバスターミナルから出発します。

バスターミナルは広いですが、このSwebusのマップの方がゲートには近いです。

電光掲示板もありわかりやすい。

 

ゲートは14/15でした。1階かと思いきや2階だったので、少し探しましたが電光掲示板があるので、それを見ればすぐにわかります。

 

 

バスへ乗車

バスの出発時間は22:35でしたが、22:10にはバスへ乗車できました。チケットは印刷せずに送られたメールのQRコードをみせるだけでした。それをスキャンして終わりです。

チケットはこれで十分。

 

荷物について

バスの予約時に預け荷物を購入しました。荷物についての記載があったのですが、英語での説明はなかったので、とりあえず購入したのですが、1人1個までは無料とのことです。せっかく追加荷物を購入したのに無意味でした。

 

バスのクオリティ

バスは悪くないです。Wi-Fi、電源、トイレは着いてました。バスは出発。

バスは時刻通りに出発しました。途中何回か停まりますが、外に出ての休憩はありませんでした。

 

スポンサーリンク

バスはオスロに到着

オスロのバスターミナルに到着しました。ほぼ定刻通りです。

 

バスターミナル

バスターミナルには無料Wi-Fiがありました。有料でロッカー、トイレがあります。

 

ロッカーの料金

ロッカーの料金は小さいので50NOK、大きい方で60NOKでした。

 

次はオスロからスタバンゲルへ移動します。

夜行列車で移動!ノルウェーのオスロからスタバンゲルまで
ノルウェーの首都であるオスロから西の端っこに位置するスタバンゲルまで夜行列車で移動しました。.....

 

スポンサーリンク

Flixbusと合併

僕がストックホルムからオスロへ移動した時はSwebusでしたが、今はFlixbusとして営業しています。

ハッキリ言って、Flixbusのほうが良いです。クオリティも高いですし、アプリの使い勝手がめちゃくちゃ良い。

 

昼間の移動なら一か月以上前から列車の予約が良いですが、僕は宿泊費を節約するためにあえて夜行バスを使いました。

Flixbusの予約方法やキャンセル方法はこちらで詳しく書いています。

【驚愕】Flixbusはヨーロッパを陸路移動するのに便利すぎるバスだった
Flixbus(フリックスバス)というバスをご存じでしょうか? 日本にいたら全く知らないバス会.....
【Flixbus】フリックスバスのキャンセル方法と予約を変更する方法
ヨーロッパで陸路移動するならフリックスバスがめちゃくちゃ便利です。 前回はフリックスバスのレビ.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

43.スウェーデン44.ノルウェー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました