【料金・時間・タイムテーブル】サントリーニ島からアテネまでフェリーで行く方法

スポンサーリンク

サントリーニ島からアテネまでの行き方

サントリーニ島からアテネまでは飛行機かフェリーになります。

サントリーニ島からアテネに戻るには、どちらがいいか悩んでいました。

どういう特徴があるか教えます。

スポンサーリンク

飛行機とフェリーのメリットとデメリット

どちらもメリット・デメリットがあります。

予約状況や滞在日程によって、メリット・デメリットを考えて選択するのが良いと思います。

飛行機のメリット・デメリット

飛行機は2ヶ月前くらいに予約すると飛行機でも格安で行くことができます。

フェリーより安いこともあります。

そして何より移動時間が短いです。

フライト時間は1時間くらいなので、楽ちんです。

僕が予約した時は25€でフライトが取れました。

航空会社はライアンエアーです。

25€は荷物料金は含まれていない料金です。

急な予定の変更には対応できません。

サントリーニ島にもうちょっと滞在したいと思ってもフライトがあるので、帰らなくてはならないなんてときもあります。

フェリーのメリット・デメリット

フェリーは時間はかかるものの時間などは飛行機よりもフレキシブルです。

また直前の予約でも値段はあまり変わりません

アテネまでの時間がかなりかかることと値段もそんなに安くありません。

サントリーニ島からピレウス港(アテネ)までのフェリーを選択

僕はサントリーニ島の天気が悪くて夕日が見れない可能性もあったので、往路は飛行機、復路はフェリーを選択しました。

これで時間が許す限り、飽きるまでサントリーニ島に滞在できます。

チケットの予約方法

気になるのが、チケットがしっかり買えるかどうかです。

実際にサントリーニ島に行けばわかりますが、フィラの中心地には旅行代理店がいっぱいあります。

ここで予約しまいた。

このショップ付近には旅行代理店がたくさんあります。

ほとんどがフェリーのチケットを扱っているので、全く問題ありません。

僕はフェリーに乗る前々日に予約しました。

前日でも翌日のフェリーの予約はできますが、高いチケットや時間の選択ができない可能性もあります。

もちろん空きがあれば良いですが。

サントリーニ島でフェリーに乗るにはチケットが必要ですが、ネットでも予約できます。

プロモーションがあれば安かったりしますが、僕が調べたときは現地で買った時とそんな違いはありませんでした。

フェリーの値段について

フェリーの値段は30ユーロ~80ユーロです。

この値段の幅があるのは低速船と高速船の違いと時間帯の違いです。

時期にも値段は変わります。

低速船は安いです。

僕は40ユーロでチケットを旅行代理店から購入しました。

高速船は時間帯によってお金が違います。

フェリーのスケジュール

フェリーのタイムテーブルは曜日によって違います。

乗る日が決まったら、ネットで確認しましょう。

こちらのホームページで確認できます。

検索はこのように入力しましょう。

FROM:[JTR] Thira (Santorini), Greece (Port)

TO:[PIR] Piraeus (Athens), Greece (Port)

料金も表示されますので、事前に決めておきましょう。

調べるとこんな感じです。

深夜便もあるので、バックパッカーやサントリーニ島を堪能したい人は深夜便なんかもオススメです。

フィラからフェリー乗り場までの移動

船の予約ができてらサントリーニ島のフェリーターミナルへいきましょう。

フィラからならバスターミナルからバスが出ています。


料金は片道2.3ユーロ(約300円)です。

所要時間は30分でした。

バスの出発の時間はフェリーの時間に合わせてあるので、前日にバスの時間が決定されます。

そのため前日にバス停に行き、バスの時刻を確認しました。

アテネのピレウス港行きのフィラのフェリー乗り場はこちらになります。


僕は15:30発の便でアテネへ向かいした。

フェリーに乗船

フェリーは出発時刻の15分前に入場開始しました。

出発時刻はほとんど定刻通りでした。

高速船なら4時間程で、低速船なら8時間かけてアテネへ向かいます。

フェリーの中は結構快適

フェリーはかなり快適です。

僕はエコノミーでしたが、ソファーはあるし、数は限られていますが電源もあります。

Wi-Fiは有料でした。

結構綺麗なフェリーだったので、これなら夜行便でも余裕で寝れます。

携帯も充電できるので文句なしでした。

そして思ったのが、エーゲ海をクルーズするなんてなんてオシャレなんだと思っていましたが、すぐに飽きるので、フェリーに乗って1時間後には飛行機のほうが良かったな!とも思いました。

ピレウス港に到着

23:30にピレウス港に到着しました。

ピレウス港はこちらです。

この時間でもメトロは動いてますし、タクシーはわんさかいます。

特に移動に困ることはないでしょう。

サントリーニ島からアテネ、アテネからサントリーニ島までは飛行機も出ています。

僕は往路は25€で飛行機に乗りました。

→飛行機でサントリーニ島まで行く方法

バックパッカーの方へ

僕も世界一周の途中にサントリーニ島へ立ち寄りました。

バックパッカーにとっては物価は高めですが、キャンプサイトがあります。

街の中心地からも近いです。

値段も10€からとめっちゃ安いです。

マジでお勧めです。

サントリーニ島への往路と復路はフェリーの夜行便を使い、キャンプサイトで宿泊すれば安くサントリーニ島を堪能できます。

本当に綺麗な島なので、時間に余裕があるときは是非行って下さい。

サントリーニ島に行った時の記事です。

次回はギリシャでサントリーニ島と同じくらい有名なメテオラという断崖絶壁の上に建てられた修道院までの行き方をまとめてみたいと思います。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存